« 運転免許証を返納させられた高齢者は? | トップページ | 空自:戦闘機部隊を大幅増強 »

土浦、つくば両市は間抜け!

2018年01月20日
(土浦、つくば両市は間抜け!)


http://www.sankei.com/life/news/180120/lif1801200028-n1.html


・〔作家・広瀬隆〕氏とは、唯一【ジョン・ウエインは何故死んだか】の著作を思い出す。私と「デコボコ」のお歳だったと思うが、お元気そうで何より。


・しっかしま、いい歳をして(1)対案の無い『原発ハンターイ!』と、(2)「原子力規制委の更田豊志委員長を『人殺し』と罵倒!」はイケマセンな。


・「護憲派市民団体」でも「原発反対市民団体」でもオンナジだが、段々『宗教化』して行くことに気付かれないらしい。私のような『生涯野次馬』からすれば、「皆さん目が吊り上がって」「やたら大声を出し」、挙句は「シュプレヒコール!」の、狂信者に見えてしまいますが??


・産経ニュースから、記事を以下。


・「【作家・広瀬隆氏、原子力規制委の更田豊志委員長を『人殺し』と罵倒!】産経ニュース 2018.1.20 19:31更新」


・「市民団体が主催し、『日本列島の全原発が危ない!』などと題して作家の広瀬隆氏が講師を務めた講演会が20日、茨城県土浦市大和町の県南生涯学習センターで開かれた」


・「講演会をめぐっては、土浦、つくば両市が後援に名を連ねたが、チラシに『反原発』を想起させる文言が並び、自治体の政治的中立性を疑問視する声が開催前から寄せられていた」


・「広瀬氏は原発事故や地震発生の仕組みなどを解説。約1時間半の講演のうち、20分ほどを日本原子力発電や原子力規制委員会の批判に割いた」


・「同規制委の更田(ふけた)豊志委員長を『妙な名前の男』と呼び、『更田は人殺し』『首根っこつかんでぶん殴ってやりたい』などと汚い言葉でののしった」


・「さらに、講演の最後には『『更田を(規制委の委員長)ポストから外せ』という運動を起こさないといけない』と約130人の聴衆に呼びかけ、司会者は『最後のアジテーション(扇動)で何をすべきか分かった』と応じていた」


・「主催団体代表の長田満江さんは『講演会が政治活動かどうか判断するのは来場者であり、私たちは原発に対する考え方を提供しているだけ』と語った」(解説:卑怯者め!)


・「会場では広瀬氏の著書のほか、表紙に『茨城県全市町村議会に脱原発決議を出させよう』と呼びかける言葉が書かれたパンフレットなどが販売されていた」


・「土浦、つくば両市は講演会の趣旨を『原発再稼働について考える学習会』と判断し、後援を承認。両市の教育委員会も後援した。土浦市教委は主催団体の責任者に『政治活動を行わないように』と忠告していた」・・・

« 運転免許証を返納させられた高齢者は? | トップページ | 空自:戦闘機部隊を大幅増強 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土浦、つくば両市は間抜け!:

« 運転免許証を返納させられた高齢者は? | トップページ | 空自:戦闘機部隊を大幅増強 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト