« 「相撲協会は統率力ない」:懐かしの長田渚左さん | トップページ | 文化の違い=元慰安婦を大統領府に招き謝罪:韓 »

あの富岡八幡宮への初詣に賛否

2018年01月04日
(あの富岡八幡宮への初詣に賛否)


http://news.livedoor.com/topics/detail/14114578/


・私は「細心」と言えば聞こえはいいが「小心者」なので、深川近くに居ても「あの富岡八幡宮への初詣」には行かなかったろなぁ。


・しっかしま、日本は『祟り神』に守られているような国だ。大宰府天満宮は〔菅原道真〕公をお祀りしているのだが、公はやがて「天神=雷神」になられ、『天神祭り』は大阪(上方)の風物詩となっている。


・東京では〔平将門〕公を祀った『神田明神』が有名であるし、四国の『金刀比羅宮』(こんぴらさん)は〔崇徳院〕の鎮魂社として始まっている。日本は世界から奇異の目で見られる『多神教国家』なのである。


・そういう大らかな目で見れば、「宮司の利権争いから生じた殺傷事件」なんざ「枝葉末節」のことかも知れない。確かに「事件と神様は別」と言うのが正論かも知れない。逆に私は今、「あの富岡八幡宮への初詣」に行かれた方々へ、『日本人の真髄』を見た思いもしている。


・ライブドアトピックスから、J-CASTニュース の記事を以下。


・「【あの富岡八幡宮への初詣に賛否 『普通の感覚なら行かない』『事件と神様は別』】J-CASTニュース 2018年1月4日 15時35分」


・「女性宮司らの殺傷事件が起きた東京都江東区内の富岡八幡宮で、初詣に対するネット上の見方が分かれている。大晦日の2017年12月31日は、深夜になっても参拝客がまばらな様子がテレビのニュースで流れた。三が日は、人出が大幅に減少と報じられる」


・「年明け15分前ごろになって、ようやく本殿の前に行列ができる。日付が変わった瞬間には、若者らが手を上げて新年を祝い、歓声も沸いた」


・「とはいえ、例年なら参道から大通りまで達する大行列はできなかった模様だ。18年の三が日は、例年約15万人が参拝に訪れるが、人出が大幅に減少したと報じられている。神社周辺の商店街でも、訪れる客が少なかったとの声が出ていた」


・「事件があっても参拝した人は、どんな考えをしていたのか。 1月4日放送の情報番組『ビビット』(TBS系)のインタビューでは、30代男性は、『毎年来ているので、今さらもう変える気はない』と話した」


・「60代女性は、『子供たちのお宮参りとか七五三とかいろんなこと、こちらの氏神様なので、お世話になっておりますから』と言う。また、混んでないと期待して来たという40代のカップルは、『逆に来てよかった』と打ち明けていた」


・「ニュースのコメント欄などでは、参拝についての意見が分かれている。


〈信頼を回復するには長い年月がかかる」 参拝に行きたくないという人からは、


『縁起が悪いところへ正月早々行きたいとは思わない』

『御利益あるの?普通の感覚なら行かない』

『殺傷事件は神と直接的な関連がないとはいえ、そう簡単に割り切れるものではない』


といった声が上がった」


・「一方、参拝に理解を示す声も出ている。


『事件と神様は別だ』

『氏子の人は長い付き合いの神様に新年のご挨拶くらいはしたいでしょ』

『参拝からしたらこれぐらいの方がいい』


などだ。中には、運気は今が底だからお守りは買い時といった声もあった」


・「富岡八幡宮では、初詣前に、氏子らを招いて事件現場でお祓いをしている。ホームページ上では12月25日付で、『氏子崇敬者の皆様はじめ世間一般の多くの皆様の信頼を回復するには長い年月がかかることと存じますが、謹んで日々の神明奉仕に励み、日ごと・月ごと・年ごとの祭典神事を積み重ね、神社のあるべき姿を求め続けて、倦まずたゆまず社務に励むことが何より大切なことと存じます』と宮司代務者名で書いている」・・・

« 「相撲協会は統率力ない」:懐かしの長田渚左さん | トップページ | 文化の違い=元慰安婦を大統領府に招き謝罪:韓 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

織伊友作様、新年おめでとうございます。
『追って沙汰あるまで、蟄居閉門せよ!』 寺社奉行FUJIの裁きです。
相撲取りの刃傷沙汰、富岡殺人事件、当節日本シントウ関係者の魂が汚れてをります。

藤城孝久さま、

コメント、有難うございました。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

「神道関係者の魂の汚れ」とは、言い得て妙です。駄洒落になりますが、「新党関係者の魂の汚れ」も酷いものです。ブチ切れるのではなく、老巧に時事を斜め斬りしてやろうと思っています。

私の『がん』は、2月20日がCT,翌21日が胃カメラです。21日に細胞をつままれなければ、名古屋で呑んで帰ります。今年も頑張りましょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あの富岡八幡宮への初詣に賛否:

« 「相撲協会は統率力ない」:懐かしの長田渚左さん | トップページ | 文化の違い=元慰安婦を大統領府に招き謝罪:韓 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト