« 先制攻撃のアリバイ作りだろ?:国務長官発言 | トップページ | 習近平氏の強権政治 »

〔前川喜平〕って奴

2017年12月14日
(〔前川喜平〕って奴)


http://www.sankei.com/west/news/171214/wst1712140041-n1.html


・私はこの〔前川喜平〕って奴が気持ち悪い。天下り斡旋のし過ぎで文科省を追われ、そのあとはガールズバーの援交狂い。挙句は「行政がゆがめられた」とサヨクメディアで露出。


・今度は「朝鮮学校が指定の対象になることは、省内では当然と考えられていた」と、亡国の民主党政権時代の古証文を大阪高裁に陳述書として出している。


・民主党政権下の文科省が「そう考えていた」のは、役人の保身の為だろうが、現在の「北朝鮮から『日本列島など、海に沈めてやる』と脅迫されている」状態を、こ奴は考えないのだろうか? 『東大法学部卒・前文部科学事務次官』というキャリアが泣いている。


・産経WEST・[朝鮮学校無償化訴訟] から、記事を以下。


・「【無償化『省内では当然と考えられていた』 学園側が前川前次官の意見書提出 大阪高裁控訴審】産経WEST・[朝鮮学校無償化訴訟] 2017.12.14 13:55更新」


・「国が朝鮮学校を高校無償化の適用対象外としたのは違法として、学校法人『大阪朝鮮学園』(大阪市)が処分の取り消しと適用の義務付けを求めた訴訟の控訴審第1回口頭弁論が14日、大阪高裁(高橋譲(ゆずる)裁判長)であり、学園側は無償化の制度設計に携わった前川喜平前文部科学事務次官の陳述書を提出した」


・「前川氏は、民主党政権下の平成22年当時、文科省の初等中等教育局の担当審議官として、高校無償化制度の導入を担当。陳述書では当時の文科省内の議論について『朝鮮学校が指定の対象になることは、省内では当然と考えられていた』とした」


・「また、『朝鮮学校が朝鮮総連や北朝鮮と一定のつながりがあることは、その設立経緯から明らかで、当然立法サイドも認識していた』とし、『それは民族教育を行う以上、当然で、私立学校の建学理念や運営主体が多様である範(はん)疇(ちゅう)にとどまるということが、当然の前提として共有されていた』としている」


・「一方、国側はこの日の口頭弁論で『北朝鮮の指導者に敬愛の念を抱く教育が行われていることを特段問題視しない1審判決の評価は、一般社会の健全な常識を大きく逸脱する』とし、処分は適法だと訴えた」


・「7月の大阪地裁判決は、学園側の請求を認め、違法と判断。国側が控訴した。ほかの同種訴訟では、7月の広島地裁判決と9月の東京地裁判決で朝鮮学校側が全面敗訴し、結論が分かれている」・・・


《前川喜平前文部科学事務次官》


Photo_2

« 先制攻撃のアリバイ作りだろ?:国務長官発言 | トップページ | 習近平氏の強権政治 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔前川喜平〕って奴:

« 先制攻撃のアリバイ作りだろ?:国務長官発言 | トップページ | 習近平氏の強権政治 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト