« 日本人は「軍事的常識」が著しく欠如している | トップページ | 米・トランプ大統領が気炎を上げている »

『野球漫画から飛び出した』ような大谷に期待

2017年12月11日
(『野球漫画から飛び出した』ような大谷に期待)


http://www.sankei.com/west/news/171211/wst1712110035-n1.html


・MLBの先発投手のローテーションは「4日」。この「4日制」では『二刀流』は生まれようがない。大谷翔平選手は気を使い、「どの球団も丁寧に接してくださったが、エンゼルスには特に親近感のようなものを感じた」と記者会見しているが、エンゼルスは明確に「先発投手枠4人を5人に増やした」と言っている。


・大谷には「6日制」を与えて、投手のときは「投手に専念」させ、例えDHでも打者のときは「打者に専念」させる約束をしたのだと思う。


・いずれにせよ記事の通り、私も今からワクワクしている。野球に厳しいアメリカの野球フアンも、大谷にエンジンがかかれば注目し、大騒ぎしてくれるだろう。


・産経WEST・[浪速風] から、記事を以下。


・「【地球の裏側の『二刀流』が全米を感嘆させる 『野球漫画から飛び出した』ような大谷に期待(12月11日)】産経WEST・[浪速風] 2017.12.11 15:05更新」


・「1936年、阪神(当時は大阪)タイガースの記念すべき公式戦開幕試合で、完封勝利を挙げたのは藤村富美男である。のみならず3季制の秋のシーズンではホームラン王になった。『ものほし竿』と呼ばれる長いバットを振り回した伝説の強打者は『二刀流』だった」


・「▼プロ野球の草創期に投打で活躍した選手は少なくない。が、レベルが高くなるとそうはいかない。投手は先発、中継ぎ、抑えの分業制。打者も長打力や俊足など一芸に秀でたスペシャリストが求められる。だから大谷翔平選手は『野球漫画から抜け出したような』希有な存在なのだ」


・「▼大リーグでの『二刀流』に今からワクワクする。87年のシーズン途中にヤクルトに入団したボブ・ホーナー選手は、4試合で6本塁打の豪打でファンの度肝を抜いた。著書『地球のウラ側にもうひとつの違う野球(ベースボール)があった』には日本野球への批判が込められていたが、今度は感嘆の言葉になるだろう」・・・


《エンゼルス入団会見を終えユニフォーム姿でポーズを決める大谷翔平=9日、エンゼル・スタジアム(リョウ薮下撮影)》


Photo_2

« 日本人は「軍事的常識」が著しく欠如している | トップページ | 米・トランプ大統領が気炎を上げている »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『野球漫画から飛び出した』ような大谷に期待:

« 日本人は「軍事的常識」が著しく欠如している | トップページ | 米・トランプ大統領が気炎を上げている »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト