« 『北』軍部の権力闘争 | トップページ | 〔はしだのりひこ〕氏逝く(72歳) »

馬鹿新聞・アホテレビは淘汰されて行く

2017年12月02日
(馬鹿新聞・アホテレビは淘汰されて行く)


http://www.sankei.com/column/news/171202/clm1712020003-n1.html


・我ら国民の「民意の反映」が出来るのは、「選挙」が唯一無二の手段であることくらい、小学校の1年生でも学習する。朝日新聞はそれを「自社のアンケート結果だ」と言い張る。だから「今回の衆院選挙の結果は、朝日新聞のアンケート結果と乖離している。安倍首相はそれを謙虚に受け止めるべきだ」とかなんとか、摩訶不思議な社説を展開する。


・私からすれば、「小学校の教育も受けていない社員集団か?」と言ってやりたいが、未だその朝日新聞を購読し続けている国民の多さに驚く。その点、この「長崎県平戸市長の『朝日新聞の購読をやめた』宣言」は立派である。


・ツイッター宣言だから、サヨク分子から様々な攻撃を受けようが、初志貫徹しないと「天下の笑われ者」になるぞ、頑張れ!


・産経ニュース・[産経抄]から、記事を以下。


・「【長崎県平戸市長が『朝日新聞の購読をやめた』理由 12月2日】産経ニュース・[産経抄] 2017.12.2 05:04更新」


・「長崎県平戸市の〔黒田成彦〕市長が11月28日付の自身のツイッターで、『市長室では朝日新聞の購読をやめた』と表明したことが話題を呼んでいる」


・「理由は『誤報を垂れ流す広報媒体を排除する』というのだから、手厳しい。森友・加計学園問題に対する朝日の報道姿勢が念頭にあったようだ」


・「▼購読中止宣言後、黒田氏のツイッターにはたくさんの賛同メッセージが届き、わずか2日間でフォロワーが一気に千人近く増えた。市長室によると、市のホームページ上の『市長へのご意見箱』に寄せられたメールにも、否定的な意見はなかった」


・「▼新聞やテレビなどマスコミに対する国民の視線が、年々冷ややかになっていくのをひしひしと感じる。平戸市長室は産経、読売、毎日、日経、西日本、長崎の各紙はまだ購読中だとのことだが、同様の事例が今後、増えていくかもしれない」


・「▼だからこそ、マスコミ側はより謙虚に振る舞う必要があるはずだが、実態はどうか。先の衆院選をめぐり、10月8日に行われた党首討論会を取り上げた日本記者クラブ会報(11月10日号)を読むと、一般社会とマスコミの意識の乖離(かいり)に暗澹(あんたん)たる気分になる」


・「▼討論会での記者の尊大な質問態度に関し、記者クラブ事務局は多くの『お叱り』を受けたのだという。それに対する専務理事の感想は『近年、この種の抗議が多くなったことが気にかかる』とまるで反省はみられない」


・「▼インターネット上で『炎上』したと記す朝日の質問者は『あぁ、あほらし屋の鐘が鳴る』。非礼を指摘された毎日の質問者は『『非礼』は安倍(晋三首相)会見には不可欠な資質』と開き直っていた。なぜ批判されているのかも理解できない姿をみると、残念ながらマスコミの未来は明るくない」・・・

« 『北』軍部の権力闘争 | トップページ | 〔はしだのりひこ〕氏逝く(72歳) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 馬鹿新聞・アホテレビは淘汰されて行く:

« 『北』軍部の権力闘争 | トップページ | 〔はしだのりひこ〕氏逝く(72歳) »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ
フォト