« 共産主義と資本主義の共生に綻びか | トップページ | 日本は『国連分担金滞納通知』を! »

山尾議員のお相手弁護士、離婚!

2017年12月07日
(山尾議員のお相手弁護士、離婚!)


https://news.nifty.com/topics/bn/171206210412/


・〔山尾ド助平〕は、「女にも性欲は有る!」丸出しで、反省の色など更々無い。似た者同士で、相方の弁護士も『政策顧問』に就任。騒ぎは「どこ吹く風」で、早速同伴旅行に勤しんでいる。呆れ返った『山尾後援会長』は辞めたが、とうとう「弁護士のカミさん」が意思表示した。


・離婚である。自身も脳梗塞症状らしく「泣く泣く親権は弁護士(夫)」に渡したらしいが、私には「身を持っての抗議」に見える。こうなれば「山尾の旦那は?」と思えて来るが、この旦那さん、東大⇒NTT⇒ベンチャー企業を複数起業のやり手らしく、「カミさんどころの騒ぎじゃない!」ようなのだ。そこで山尾議員は背中に羽を付けて、飛び回れるようなのだ。


・ニフティニュースから、文春オンライン の記事を以下。


・「【山尾志桜里“W不倫疑惑”倉持弁護士がついに離婚へ】文春オンライン 2017年12月06日 16時00分」


・「今年9月に『週刊文春』が報じた山尾志桜里議員(43)の『W不倫疑惑』。お相手の倉持麟太郎弁護士(34)が妻と離婚することが分かった」


・「10月下旬の衆院選で3度目の当選を果たした山尾氏は、倉持氏を政策顧問として起用。そして憲法改正問題と共に『子育て支援、女性政策』に力を入れている。12月8日には、働く女性を支援するという団体の『ワーママ・オブ・ザ・イヤー』なるイベントでトークセッションを行なうという」


・「しかし、倉持氏の妻・A子さんの友人は『山尾さんの言動はブラックジョーク』と断じた上で、次のように語る。 『今年の夏、A子は脳梗塞の兆候が見つかったため、実家に子供を連れて帰っていました。あろうことか、その時期に2人は自宅で密会していた』」


・「『脳梗塞、夫の不倫とショッキングな出来事が続いたA子の心中はいかばかりか。彼女の親族も呆れ果てています』 そしてA子さんはついに『離婚』という大きな決断を下す」


・「倉持氏の政策顧問就任が報じられた選挙後のことだ。療養中のため、A子さんは仕事もできず、子育てもままならないことから、泣く泣く親権を倉持氏に渡すことになったという」


・「A子さんに取材を申し込むと、代わって対応した彼女の家族は離婚の事実を否定せず、親権について次のように語った。 『ずっと一緒に息子といられなくても、とにかく今はなんとか体調を万全に戻したいというところなので、本当にすみません』」


・「山尾氏と倉持氏に対し、離婚の経緯などについて聞いたが、回答は得られなかった。 12月7日(木)発売の『週刊文春』では、“W不倫疑惑”から倉持氏の離婚に至るまでの経緯について詳報している。(「週刊文春」編集部)」・・・


《「♪あぁああ 今朝の貴方は他人でも」》


Photo


« 共産主義と資本主義の共生に綻びか | トップページ | 日本は『国連分担金滞納通知』を! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山尾議員のお相手弁護士、離婚!:

« 共産主義と資本主義の共生に綻びか | トップページ | 日本は『国連分担金滞納通知』を! »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト