« 暗躍する貴乃花親方の影 | トップページ | 八方塞りの『北』、拉致被害者が状況打開のカード? »

ジャパンライフの高額ネット商法

2017年11月17日
(ジャパンライフの高額ネット商法)


https://mainichi.jp/articles/20171118/k00/00m/040/064000c


・75歳まで生きていると、色んな相談が持ち込まれる。最も多いのは『ネットワーク商法被害』だ。「後で気が付くネションベン」なら親身にもなるが、殆どは「自分も欲かいて加担したのだから、諦めなはれ」である。


・私自身の経験では、がんサプリで「開業医絡み」が有った。しかも私が「神と縋る」主治医のゴッドハンドをボロカスに言うものだった。その「ネットワーク商法の開業医」のその後は知らないが、薄氷を踏む私の命を救った主治医は、『がん診療連携拠点病院』ネット(全国400以上)のテッペンにまで昇られて、私は以来17年間、毎晩大酒を呑んで生かして貰っている。


・ただ、「人の弱み=病気」に付け込んだ『ネットワーク商法被害』は後を絶たない。私の知っている警察関係者の話によれば、「詐欺師は24時間、詐欺のことを考えています。例え刑務所に入ってもオンナジです。ひたすら『人を騙すこと』を考え続けている輩には、敵いませんよ」だった。


・拙著【生還へのフォアボール】にも書いているが、「《ただこれだけは言える。サプリメントも信仰も、法外な金を要求されるものに対しては、いくら切羽詰った精神状態とは言え、人間少し頭を冷やして刮目(かつもく)(目をこすってよく注意して見る)する位の冷静さは欲しいものであるし、費用対効果に思いを遣る心の余裕も忘れてはならないと思う」


・「(中略)人の好意まで疑うなら悲しいことである。しかし自分がいくらがんで追い詰められても、人の善悪、事の良否を見極める冷静さは肝要である・・》」・・・ホント、「法外な金を要求されるものに対しては、いくら切羽詰った精神状態とは言え、人間少し頭を冷やして刮目(かつもく)する位の冷静さは欲しいものである」・・・が正解だと思う。


・GOOGLEニュースから、毎日新聞の記事 を以下。


・「【〔ジャパンライフ〕3度目の業務停止命令 高額健康商品販売】毎日新聞 2017年11月17日 20時33分(最終更新 11月17日 21時22分)」


・「消費者庁は17日、健康グッズ販売の『ジャパンライフ』(本社・東京都)に対し、大幅な債務超過に陥った事実を隠して契約していたことなどが特定商取引法違反にあたるとして、1年間の一部業務停止命令を出した。命令は昨年12月と今年3月に続き3度目で、極めて異例」

・「消費者庁によると、ジャパンライフは『健康にいい』とする磁石付きのネックレスやベルトを100万~600万円で顧客に販売。顧客は商品を知人に勧めるなどの宣伝活動をすることで、購入価格の6%を毎年利益として得られるとしていた」


・「その際、債務超過が338億円(2016年度末)あるといった財務状況を告げていなかった。『無料でマッサージをする』などと販売目的を隠して勧誘したり、解約を申し出た顧客を複数で説得して撤回させたりする違反行為も認定された」


・「こうした販売手法を問題とし、9月には愛知県の弁護士が『ジャパンライフ被害対策中部弁護団』を結成。弁護団によると『資産運用の見直しが必要』などと告げて高齢者から資産情報を聞き出し、保険や定期預金を解約させるケースも確認されている」

・「全国の消費生活センターには、15年度以降約500件の相談が寄せられている。相談者の75%が70代以上で、支払った額の平均は約1800万円、最高額は5億円に上る。ジャパンライフは毎日新聞の取材に『担当者が不在のためコメントできない』としている。【曹美河】」・・・


・(解説)安愚楽牧場だったか、子牛のオーナーを募る『ネットワーク商法』を大々的に宣伝し、今また、衆院議員に返り咲き「党の要職」に在る政治家も居る。何度も書くが、「法外な金を要求されるものに対しては、いくら切羽詰った精神状態とは言え、人間少し頭を冷やして刮目(かつもく)する位の冷静さは欲しいものである」・・・自己責任しか無い。

« 暗躍する貴乃花親方の影 | トップページ | 八方塞りの『北』、拉致被害者が状況打開のカード? »

心と体」カテゴリの記事

コメント


いい歳こいて欲に目がくらむからしょうがないだろう。
身寄りなどとのコンタクトを欠いて、インタネットにもアクセスしなければ世の中のことがわからなくてこういう被害はなくならないね:
https://blogs.yahoo.co.jp/higashidake/66400178.html
最近はTBができなくなったので不便だ。

憲坊法師さま、

コメント、有難うございました。ネット閲覧能力は、昔の「読み書き算盤」以上に重要ですね。情報閲覧に自ら参加するかどうか、私の住処近くの公園にポケモンゴー!のキャラが出るらしく、深夜でも顔だけホノ白い老人らが「捕まえて孫に自慢したい」らしくて大勢居ますが、みんな幽霊のようです。

スマホを持っているなら、GOOGLEでも検索しろ!と思うのですが、最近は「小金貯めおって!詐欺師の餌食にでもなれ!」と悪魔の考えになってしまいます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャパンライフの高額ネット商法:

« 暗躍する貴乃花親方の影 | トップページ | 八方塞りの『北』、拉致被害者が状況打開のカード? »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト