« 『抗がんサプリメントの、能書き別分類』 | トップページ | 孤軍奮闘:吉村大阪市長ガンバレ! »

小泉進次郎のブータレ

2017年11月04日
(小泉進次郎のブータレ)


http://news.livedoor.com/topics/detail/13844125/


・「今回の衆院選、自民党大勝の陰には私も居た!」という〔小泉進次郎〕氏の論功行賞への不満なのだろう。「官房副長官への抜擢が有っても当然だろう」と本人は思っているのかもしれない。ただ彼は未だ36歳の「口達者なヒヨコ議員」だ。


・間違えてはいけないのは、安倍ちゃんが2000年、森内閣で「官房副長官」に抜擢されたのは46歳の折だ。そして小泉訪朝に官房副長官として随行し、人気を得たのが2002年、48歳だ。〔小泉進次郎〕クンとは一回り違う。


・私は安倍ちゃんが、内部留保に現(うつつ)を抜かしている大企業(産業界)に対し、「幼児教育無償化の財源として、3000億円の拠出を求めた」のは正しいと思う。大企業100社なら、@30億円だ。スッキリ、チャラである。


・これに比べ、〔小泉進次郎〕クンら若手議員が発想した『子ども保険』は性質(たち)が悪い。財源を「企業と個人の社会保険料に上乗せ」するというものだ。それなら消費増税した方が公平であるが、いずれにせよ、この案は「論議する意味が無い」ほど安易で劣悪だ。


・〔小泉進次郎〕クンよ、もっと勉強せんと自民党内でも人が離れて行くぞ!


・ライブドアトピックスから、産経新聞 の記事を以下。


・「【“進次郎節”炸裂!『議席ほど信頼ない』自民党執行部を連日批判 党内からは『首相に直接言えば』との声も」産経新聞 2017年11月4日 11時8分」


・「若手のホープとされる自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長が1日から2日連続で自民党や安倍晋三首相への批判を繰り返した」


・「衆院選で大勝しても党への国民の信頼は戻っていないことを示そうとしたとみられる。首相の政治手法批判には、官邸主導の動きに対する政権への牽制(けんせい)の意味合いもあるようだ」


・「小泉氏は2日、衆院選を総括する党会合後、会合の意義について記者団に『議席の数ほど自民党への信頼は回復していないという危機感の表れだ』と訴えた。衆院選で自民党が大勝したのは、党の組織力ではなく、野党候補の乱立で政権批判票が分散した『偶然の産物』とみている」


・「1日には、国会内で記者団に、幼児教育無償化の財源として首相が3千億円の拠出を産業界に求めたことについて『党内で何も議論していない。このままだったら自民党は必要ない』と批判した」


・「小泉氏は幼児教育無償化について強い思い入れがある。企業と個人の社会保険料を上乗せし、無償化財源を確保する『こども保険』を若手議員とともに提唱し、政府の看板政策『人づくり革命』に盛り込ませた自負がある」


・「首相が政権運営に関して『丁寧に、謙虚に』を繰り返す中、小泉氏にしてみれば、党内議論を経ず、しかも、こども保険に反対する経済界に資金拠出を求める頭ごなしの動きに、強い不快感を抱いている」・・・


・「小泉氏の発言に対し、党内は『自分も党幹部なのに、言い過ぎではないか』『首相に直接言えばいいのに、テレビを通じて批判するのは良くない』との声が上がる。一方、閣僚経験者は『党内はいろいろな意見を言えるということだ』と述べ、自民党の“懐の深さ”を強調した」


《小泉進次郎氏の発言》


Photo_3

« 『抗がんサプリメントの、能書き別分類』 | トップページ | 孤軍奮闘:吉村大阪市長ガンバレ! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小泉進次郎のブータレ:

« 『抗がんサプリメントの、能書き別分類』 | トップページ | 孤軍奮闘:吉村大阪市長ガンバレ! »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ
フォト