« サウスコリア、対日スワップ懇願か | トップページ | 相撲協会は、毅然とせよ! »

ムラの『寄り合い』レベル:熊本市議会

2017年11月22日
(ムラの『寄り合い』レベル:熊本市議会)


http://www.sankei.com/west/news/171122/wst1711220048-n1.html


・ま、写真を拝見すると「典型的なサヨク面」だから、無所属とは言え、左派の議員だろう。広い意味で捉えると、これも「市議会混乱テロ」なのではないか?


・熊本市議会と言えば、「震災復興の課題山積」だろう。「子育て両立を訴えてのこの行為」だそうだが、「眼下の難題」とは懸け離れたもので、表題のレベルになっていよう。


・産経WESTから、記事を以下。


・「【女性市議が乳児連れて議場入り、一時混乱 『子育て両立』訴え 熊本市議会】産経WEST 2017.11.22 12:39更新」


・「22日に開会日を迎えた熊本市議会の定例会で、女性市議が生後7カ月の長男を連れて議場入りしたため、開会ができずに他の市議らと押し問答となるなど一時混乱する騒ぎとなった」


・「最終的に長男を友人に預け、市議会は定刻より約40分遅れて開会された。市議は『仕事と子育てを両立し女性が活躍できるような議会になってほしい』と行動の理由を説明した」


・「長男を連れて議場に入ったのは当選1回の緒方夕佳市議(42)。緒方市議によると、妊娠が分かった昨年から市議会に赤ちゃんを連れてくることができないかどうか議会事務局に相談してきたが、前向きな回答が得られなかったため、強行したという」


・「女性市議は開会前に着席し、友人が抱きかかえてきた長男を受け取った。議長らと押し問答になった後、促されて別室へと移動。説得に応じる形で友人に長男を預けた上で、議場に戻った」


・「開会の際に議長が議事進行の遅れを謝罪したところ、男性市議から『おわびする人間が違う』とのやじも飛んだ」(解説:ヤジが意味不明)


・「議会事務局によると、市議会では『議員以外は傍聴人とみなす』とした上で、傍聴規則で『傍聴人はいかなる事由があっても議場に入ることができない』と定めている」


・「事務局の担当者は、市議が子供を連れて議場入りすることは『想定外だった』と話している」


《議場に生後7カ月の長男を連れてきた緒方夕佳市議=22日午前、熊本市》


Photo


« サウスコリア、対日スワップ懇願か | トップページ | 相撲協会は、毅然とせよ! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ムラの『寄り合い』レベル:熊本市議会:

« サウスコリア、対日スワップ懇願か | トップページ | 相撲協会は、毅然とせよ! »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト