« 韓中通貨スワップ・・・ザマミサラセ! | トップページ | イチロー【マーリンズ】退団、FAに »

平昌冬季五輪開幕まで100日を切った

2017年11月04日
(平昌冬季五輪開幕まで100日を切った)


http://www.sankei.com/column/news/171104/clm1711040006-n1.html


・一昨日だったか、「セレモニーが終わり、平昌五輪のメーンスタジアムから観客が一斉に移動を始めたら、スタジアムが大揺れした」という別記事が有った。オイオイ、ホントに大丈夫なのか?と正直思った。


・電子製品技術などでは、日本からのパクリが開花し、今や日本製品を上回る勢いだと言うことは認める。しっかしま、『土木工事』という、技術の基礎の基礎部分では、私は「手抜きで儲ける民族性」と「ケンチャナヨ(どうにかなるさ)」の無責任精神が信用ならない。


・大会中に『北』が会場にミサイルを撃って来るなどの蛮行は、「世界中を敵に回す」ので無いだろう。心配なのは「設備」に頼る冬季五輪だ。その「設備の不具合」で、世界のスーパースターが死んだり再起不能の怪我を負うことだ。


・経済的にはサウスコリアの、「巨大な『負の遺産』」になることは目に見えているのだが、大会前に『北』が平昌五輪会場や設備に、ミサイルを撃ち込んで来ないとも限らない。さぁ、どうなるのだろう?


・産経ニュース・[ソウルからヨボセヨ]から、記事を以下。


・「【迫る平昌冬季五輪…ソウル五輪では妨害・破壊に血道を上げた北朝鮮が見ものだ】産経ニュース・[ソウルからヨボセヨ] 2017.11.4 10:00更新」


・「韓国最初のオリンピックだった1988年のソウル五輪は歴史的に重要な意味があった」


・「当時は米ソ対立による東西冷戦時代末期で、80年のモスクワ五輪は西側がボイコットし、84年の米ロサンゼルス五輪は共産圏がボイコットするなど混乱が続いていた」


・「ソウル五輪はその東西対立の壁を越え双方の陣営が参加した“和解の五輪”になった。韓国にとっても反共国家を脱し、共産圏に門戸を開く対外開放のきっかけとなった」


・「思い返せば日本に対しても門戸開放があった。それまでの常駐日本人記者に対する受け入れ制限が解除され自由化されたからだ」


・「あれから30年。あと約100日となった来年2月の平昌冬季五輪はどうか。世界史的にはともかくアジア的には“和解のチャンス”になりうる。韓国としては開会式に日本の安倍晋三首相と中国の習近平国家主席を招き、日中韓3国の和解・協力の場にしたい」


・「日本は2020年に東京五輪、中国は22年に北京冬季五輪が控えているため両首脳も出かけやすい。日本からは小池百合子・東京都知事も当然、出かけたいだろうから安倍首相と開会・閉会どちらにするか調整が必要だが。さてソウル五輪では妨害・破壊に血道を上げた北朝鮮は今回、どうか。見ものである。(黒田勝弘)」・・・

« 韓中通貨スワップ・・・ザマミサラセ! | トップページ | イチロー【マーリンズ】退団、FAに »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平昌冬季五輪開幕まで100日を切った:

« 韓中通貨スワップ・・・ザマミサラセ! | トップページ | イチロー【マーリンズ】退団、FAに »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト