« 助けてやれよな!今井絵理子 | トップページ | なぜ小池都知事は"出馬"をあきらめたのか »

『アスペルガー』:男性のほとんどにその傾向ある

2017年10月11日
(『アスペルガー』:男性のほとんどにその傾向ある)


https://news.nifty.com/topics/postseven/171011199824


・私の高校剣道部1年後輩に、〔貝谷久宣(かいや ひさのぶ)〕先生が居る。『パニック症候群』を初めて発見し、心療内科・神経科医として活躍している。


・この発達障碍の一種『アスペルガー症候群』は、オーストリアの小児科医:〔ハンス・アスペルガー〕によって発見されたらしいが、外国人は「自分の名前を科す」のが好きらしい。〔貝谷久宣(かいや ひさのぶ)〕先生は日本人らしく、奥床しい。


・ニフティニュースから、NEWSポストセブン の記事を以下。


・「【アスペルガー 『男性のほとんどにその傾向ある』と心理学者】NEWSポストセブン 2017年10月11日 07時00分」


・「発達障がいのある児童生徒の人数は全国で10万人に迫る勢いで、増加傾向にあるという(平成28年度、文科省)。別の調査では、通常学級における自閉症(アスペルガー含む)は1.1%、ADHDは3.1%、学習障がいは4.5%ともいわれる。1クラス2~3人の割合で在籍している計算だ」


・「心理学者の杉山崇さんは言う。『子供時代は見過ごされ、大人になって障がいに気づく例も増えています。一方で、一昔前は“変わった人”と流されてきたような人に診断名がついて、増加しているように見えている可能性もあります。あくまで参考値として見た方がいいかもしれません』」


・「『そもそも発達障がいとは、部分的な併発もあるため、線引きの難しい障がいだという。ADHDの人は幼児期に発達する“新しい情報を吸収しよう”という脳分野がずっと活動したままなので、移り気な性質を持ちます』」


・「『一方アスペルガー障がいなど自閉傾向の人は、“課題を遂行しよう”という脳分野が過活動となって、“周りの顔色をうかがう”という機能が衰えている状態です。実は男性のほとんどはアスペルガー障がいの傾向があるといわれています』」


・「寝食を忘れ、何時間も集中。エンジニア向きといわれるのは、この特性のためだ。※女性セブン2017年10月19日号」・・・

« 助けてやれよな!今井絵理子 | トップページ | なぜ小池都知事は"出馬"をあきらめたのか »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『アスペルガー』:男性のほとんどにその傾向ある:

« 助けてやれよな!今井絵理子 | トップページ | なぜ小池都知事は"出馬"をあきらめたのか »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト