« 朝日・毎日記者の傲岸不遜:党首討論 | トップページ | ポスト安倍は〔岸田文雄〕氏か »

NYヤンキース・田中マー君大仕事

2017年10月09日
(NYヤンキース・田中マー君大仕事)


http://news.livedoor.com/topics/detail/13723802/


・田中マー君、今シーズンのスランプは長かった。アメリカのMLBフアンもマスコミも現金なもので、「ヤンキースは大損!」だの「こんなポンコツに大金をかけて!」だの、ボロカスに言われていたのだ。


・そのマー君の「崖っぷちの大仕事」記事である。マー君は「ボロカス風評」によく耐えて、猛練習と調整を積み重ねていたのだろう。頑張れ、田中マー君!


・ライブドアトピックスから、フルカウント の記事を以下。


・「【田中将大、崖っぷちのヤンキース救う大仕事 7回零封の快投で自身PS初勝利】フルカウント 2017年10月9日 11時57分」


・「★エースとしての役割を果たす快投、ヤンキースは地区シリーズ突破に望みつなぐ・・・・ヤンキースの田中将大投手は8日(日本時間9日)、インディアンスとの地区シリーズ第3戦に先発し、7回3安打無失点7奪三振1四球の快投でポストシーズン(PS)初勝利を挙げた」


・「敵地で連敗し、負けたら敗退という崖っぷちの状況で本拠地に戻ってきたヤンキースを救う大仕事。昨季のリーグ覇者で、今季リーグ最高勝率の強敵を封じ込み、エースとしての役割を果たしてリーグ優勝決定シリーズ進出に望みをつないだ」


・「試合は立ち上がりから相手先発カラスコとの投手戦に。田中は初回から2三振を奪うなど3者凡退に抑えると、2回は1死からサンタナにライト前ヒットを許すも、ジャクソンはスプリットで三ゴロ併殺。3回は再び3者凡退に抑えた」


・「4回は1死でキプニスに三塁打を浴びも、ラミレス、ブルースをスプリットで連続空振り三振。マウンド上で雄叫びを上げた」


・「5回は先頭サンタナを四球で出すも、ジャクソンは右飛、ブラントリーをスライダーで二ゴロ併殺打。6回は先頭ペレスにレフト前ヒットを許し。ウルシェラは右飛。続くリンドーアにはライトへの大飛球を打たれたが、これをジャッジがスーパーキャッチ。スタンドインかという打球を201センチの長身を生かしてもぎ取ると、マウンド上の田中も脱帽で感謝した」


・「その裏、ヤンキースは2死満塁のチャンスを作る。インディアンスはここでカラスコに代えて左腕ミラーを投入。カストロは遊飛に倒れ、ヤンキースは先制点を奪えなかった」


・「田中は7回、先頭ラミレスに10球粘られるも遊ゴロ。ブルースを3球三振、サンタナは初球の95マイル(約153キロ)直球で右飛と3者凡退に仕留め、92球で降板となった」


・「すると、ヤンキース打線はその裏、先頭バードがミラーからライトへ豪快な先制ソロ弾。この1点をロバートソン、チャプマンと繋いで守りきり、1勝2敗と地区シリーズ突破に望みをつないだ」


・「田中は7回零封の快投。92球を投げてストライクは65球だった。ヤンキースの投手がポストシーズンで7回を無失点で投げきったのは、2010年のヒューズ以来、7年ぶり。まさにエースの仕事。ヤンキースが崖っぷちで望みをつないだ。(Full-Count編集部)」・・・

《7回無失点の好投で降板したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】》


Photo_2


« 朝日・毎日記者の傲岸不遜:党首討論 | トップページ | ポスト安倍は〔岸田文雄〕氏か »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NYヤンキース・田中マー君大仕事:

« 朝日・毎日記者の傲岸不遜:党首討論 | トップページ | ポスト安倍は〔岸田文雄〕氏か »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト