« 怪我の急増=四股の激減:大相撲 | トップページ | 米軍、先制攻撃に必要な情報欠如 »

打者か投手か二刀流か:大谷来期MLBへ

2017年09月13日
(打者か投手か二刀流か:大谷来期MLBへ)


https://news.nifty.com/topics/yomiuri/170913194275/


・大谷翔平が、いよいよ来季からMLBらしい。向こう側の指定次第だが、私は「打者一本」に専念すべきだと思っている。たまに神業のようなピッチングも見せるが、通常のピッチングではMLBならゴロゴロ居る程度だ。「客寄せパンダ」で「二刀流」を指定して来る球団も無きにしも有らずだが。


・野手なら、毎日フアンが顔を見られるので、ルックスの良い大谷はたちまち人気者になれると思う。私は「打者に専念」すべきだと思うが、読者のご意見はどうだろうか?


・ニフティニュースから、読売新聞の記事を以下。


・「【二刀流・大谷翔平、今季終了後にメジャー挑戦へ】読売新聞 2017年09月13日 12時18分」


・プロ野球・日本ハムの大谷翔平(23)が今季終了後、ポスティングシステムを利用して米大リーグに挑戦する意思を固めたことが分かった。13日、複数の関係者が明らかにした」


・「大谷は昨オフの契約更改で、『球団から、僕が(大リーグに)行きたいと思ったときに、意思を尊重してくれるという話をしていただいた』と、球団から今季終了後の米大リーグ挑戦を容認されていた」


・「大谷は岩手・花巻東高から、直接大リーグに挑戦することを断念し、2013年、ドラフト1位で日本ハムに入団。投手と野手の両方に挑戦する『二刀流』として活躍している」・・・


《大谷翔平の豪快なスイング》

Photo_2


« 怪我の急増=四股の激減:大相撲 | トップページ | 米軍、先制攻撃に必要な情報欠如 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 打者か投手か二刀流か:大谷来期MLBへ:

« 怪我の急増=四股の激減:大相撲 | トップページ | 米軍、先制攻撃に必要な情報欠如 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト