« 特に鵺(ぬえ)のような有田芳生・民進党参院議員 | トップページ | さぁ始まったぞ!サヨクの麻生叩き »

発気ヨイ!日馬富士 優勝決定戦を制す

2017年09月24日
(発気ヨイ!日馬富士 優勝決定戦を制す)


・いやぁ、本割(千秋楽・結びの一番)で豪栄道に追いつき、続く優勝決定戦でも豪栄道を倒して、3横綱・2大関が休場した異常な場所の千秋楽を、日馬富士が制した。満身創痍で独り横綱の重圧に勝ち、見事な千秋楽二番相撲だった。


・私はことあるごとに「大相撲を始めとするスポーツ界が、いつの間にか誤用している『心・技・体』だが、正しくは『心・気・体』である」と書いている。「技」は「体」に包含されていて、「発気」の「気」こそが正しい。大相撲の行司が、「ハッキ(ケ)ヨイ!ノコッタ!ノコッタ!」と言っているのがその「発気」である。


・その「気」が日馬富士には漲り、豪栄道は二番とも「蛇に睨まれた蛙」状態で何も出来ず、二番とも所謂「日馬富士の電車道相撲」だった。解説の〔北の富士〕氏が、「相撲はやっぱり気力ですねぇ!」と二度も叫んでいたが、正に日馬富士の『心・気・体』だった。


・日馬富士は喋ると面白い。モンゴル人なのに「津軽訛り」なのだ。親方が「青森県西津軽郡木造町(現在のつがる市)出身の横綱:〔旭富士〕(現・伊勢ケ濱親方)なので、その影響だ。優勝力士インタビューでその日馬富士、「序盤は『心・技・体』がバラバラで苦労しました」と言っていたが、致し方ない。


・横綱審議委員会には有識者も居るだろうに、何故正さない?誰ももう知らないのだろうか。スポーツ界では確か、「空手道」だけが『心・気・体』と言っていると記憶している。勝ち名乗りの受け方=サガリは外して左手にとか、手刀の正しい切り方=勝利の三神への挨拶とか、大相撲の美学は守った方が良い。


・いずれにせよ日馬富士、成績は11勝4敗なれど、逆転優勝おめでとう!

« 特に鵺(ぬえ)のような有田芳生・民進党参院議員 | トップページ | さぁ始まったぞ!サヨクの麻生叩き »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 発気ヨイ!日馬富士 優勝決定戦を制す:

« 特に鵺(ぬえ)のような有田芳生・民進党参院議員 | トップページ | さぁ始まったぞ!サヨクの麻生叩き »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト