« 山尾・倉持が会食した恵比寿イタリアンを弾劾せよ | トップページ | 日韓「同時核武装」論 »

花田紀凱の週刊誌ウォッチング〈634〉

2017年09月10日
(花田紀凱の週刊誌ウォッチング〈634〉)


http://www.sankei.com/premium/news/170910/prm1709100016-n1.html


・花田氏の古巣である『週刊文春』を大絶賛している。当然「ヤリマン女=山尾志桜里」話。ところが別の記事では、この「ヤリマン女=山尾志桜里」を、1.党が守らなかった、2.有能な若手政治家の成長を奪った、などと喚いて、若手民進党議員が集団離党するそうだから、ミソもクソも一緒!民進党も終わったな!


・産経ニュース・[花田紀凱の週刊誌ウォッチング〈634〉]から、記事を以下。


・「【久々に『文春砲』炸裂  密会週4回とは自覚なさ過ぎる山尾志桜里氏】産経ニュース・[花田紀凱の週刊誌ウォッチング〈634〉] 2017.9.10 09:00」


・「久々に『文春砲』炸裂(さくれつ)。それも超弩級(ちょうどきゅう)。タイミングもこれ以上ないというほど絶妙。『週刊文春』(9月14日号)『山尾志桜里 イケメン弁護士と『お泊まり禁断愛』』」


・「高級ホテルや男性のマンションに出入りするところを何度も写真に撮られているのだから、志桜里サン、言い逃れのしようもあるまい」


・「民進党幹事長に内定した人事が4日にひっくり返った。〈実は、山尾氏の人事が変更されたのは、本誌取材班が彼女を直撃した翌日だった〉」


・「育休不倫の宮崎謙介議員を『ゆるみ、たるみ、おごり』『悪いことしておきながら涙目で』などと厳しく批判していた言葉、今、全部、自らに返ってきたというわけだ」


・「それにしても代表選の最中も含め、週四回も密会とはあまりにも自覚がなさ過ぎる。これも山尾流に言えば、『不倫バレた。民進党死ね!』」


・「『週刊新潮』(9月14日号)は社名入りの告発記事。『『ツムラ』が国民を欺いた!! 『漢方』の大嘘』」


・「かつて『バスクリン』で知られた老舗製薬会社『ツムラ』はバブル期の多角経営や一族の内紛などで一時は倒産寸前。が、〈2000年代に漢方薬に特化した製薬会社として再出発し、今や医療用漢方薬の国内シェア8割、昨年度の売上げは約1150億円〉」


・「自然由来だから安心というツムラ漢方薬の『安全神話』がいかに危ういか。漢方薬の実名をあげて告発しているのは『漢方薬副作用百科』の著者、内藤裕史筑波大学名誉教授」


・「たとえば慢性肝炎に効くと言われる『小柴胡湯』。〈2000年までに小柴胡湯を服用して間質性肺炎を起こし、死亡した患者は少なくとも41人〉。内藤氏によると〈主成分となる生薬の黄●(=くさかんむりに今)(おうごん)〉が問題なのだという」


・「他にも薬の実名をあげて告発しているのだが、すべて内藤氏の話。他の医師の意見、ツムラの反論も聞きたいところだ。(月刊『Hanada』編集長)」・・・

« 山尾・倉持が会食した恵比寿イタリアンを弾劾せよ | トップページ | 日韓「同時核武装」論 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花田紀凱の週刊誌ウォッチング〈634〉:

« 山尾・倉持が会食した恵比寿イタリアンを弾劾せよ | トップページ | 日韓「同時核武装」論 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト