« 名脇役・土屋嘉男さんが2月に逝っていた | トップページ | 山尾志桜里=淫売女! »

尖閣問題は事なかれ主義の結果

2017年09月06日
(尖閣問題は事なかれ主義の結果)


http://www.sankei.com/column/news/170906/clm1709060005-n1.html


・女性特有ってか、問題提起はよく出来ているが「それでどうするんだ?」が無い。産経新聞も、まめにアチコチで「正論」講演会をやっているが、会場に足を運んだ聴衆との「質疑応答」の時間が在る筈である。そのやりとりを生々しく記事にした方が、臨場感が出るのではないか?


・葛城奈海氏、「ジャーナリストで女優」と紹介されているが、実は東大農学部卒・予備自衛官という肩書も持つ硬派でもある。切り口を変えたら、もっと記事が面白くなったと思うが。


・産経ニュースから、記事を以下。


・「【『尖閣問題は事なかれ主義の結果』と葛城奈海氏 和歌山『正論』懇話会】産経ニュース 2017.9.6 07:48」


・「和歌山『正論』懇話会の第89回講演会が5日、和歌山市のホテルアバローム紀の国で開かれ、ジャーナリストで女優の葛城奈海(かつらぎなみ)氏が『国と自然を守るということ』と題して講演した」


・「葛城氏は、自身がこれまでに何度も尖閣諸島(沖縄県石垣市)の海域を訪れて領土や環境を守る活動に取り組んできたことに触れ、『(中国公船が尖閣周辺に出没するのは)政府が事なかれ対応を続けてきた結果だ』と述べた」


・「また、和歌山県太地(たいじ)町で行われているイルカや小型鯨類の追い込み漁について『欧米とは異なり、日本人は余すことなく鯨を活用し、最後には恵みを与えてくれたことを感謝して鯨塚をつくっていた』と紹介した」


・「その上で『感謝の思いを抱きながら付き合ってきた鯨との文化を(外国に)否定されることはおかしい』と訴えた」・・・


《和歌山「正論」懇話会の第89回講演会で、「国と自然を守るということ」と題して講演するジャーナリストの葛城奈海氏=5日、和歌山市のホテルアバローム紀の国(福井亜加梨撮影)》

Photo_4


« 名脇役・土屋嘉男さんが2月に逝っていた | トップページ | 山尾志桜里=淫売女! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣問題は事なかれ主義の結果:

« 名脇役・土屋嘉男さんが2月に逝っていた | トップページ | 山尾志桜里=淫売女! »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト