« 熱中症、水だけでは駄目!牛乳が一番 | トップページ | 「天賦の才」、公務員ランナーには無い »

中印、局地戦が始まるか?

2017年08月06日
(中印、局地戦が始まるか?)

https://news.nifty.com/topics/rcdc/170806187052/


・戦争になってもチャイナもインドも「核保有国」だから、「最終戦争」にはならず「局地戦」で終わるだろう。「海戦」なら圧倒的にインドが強かろうが(チャイナ海軍は、昔世界最大級と言われた『北洋艦隊』を持っていたが日清戦争で日本の『聯合艦隊』に殲滅され、以降最近まで海軍力を持っていなかった)、「短期陸戦」なら五分だろう。


・ただ昔と違って今は、「陸戦」と「空戦」は一体化している。インド空軍はよく練磨され、アメリカなどからも評価が高いので、「陸戦」もインド有利か?ただ現在は「国際機関」なる「世界の目」が有るので、チャイナの面子が崩れない内に「仲裁」が入って休戦となろう。「局地戦」も10日か2週間か?


・ニフティニュースから、Record China の記事を以下。


・「【『我慢にも限界』中国軍がインドに警告、実弾演習で圧力も―中国メディア】Record China 2017年08月06日 18時00分」


・「2017年8月5日、参考消息網は記事『中国軍、インドに『幻想を捨てよ』と警告=人民解放軍は『弓に矢をつがえた状態』と海外メディア』を掲載した」


・「中国国防部は3日夜、インド軍兵士が国境を越えて中国側に侵入したとの批判声明を発表した。任国強(レン・グゥオチアン)報道官は『中国は最大の善意を用い、外交ルートを通じて事態の解決を図っている』とした一方で、『善意を払うといっても原則がある。我慢にも限界はある』との表現で強く警告した」


・「中国とインドは先日来、国境付近で緊張を高めており、両国ともに相手側が先に侵犯したと批判している。台湾・中時電子報は、中国国防部以外にも、外交部、在インド中国大使館、新華社、解放軍報などの政府機関や官製メディアが矢継ぎ早に声明を発表していると指摘」


・「中国政府は自らの権益擁護のためにあらゆる行動をとる可能性を示すものだと分析している。中国は警告を発する一方で、チベット軍区でロケットや榴弾砲による実弾訓練を連日行うなど、圧力を強めている。(翻訳・編集/増田聡太郎)」・・・

« 熱中症、水だけでは駄目!牛乳が一番 | トップページ | 「天賦の才」、公務員ランナーには無い »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中印、局地戦が始まるか?:

« 熱中症、水だけでは駄目!牛乳が一番 | トップページ | 「天賦の才」、公務員ランナーには無い »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
フォト