« ここは清々と:TENNさん遺族 | トップページ | 「外交の安倍」を見せ付けるチャンス! »

三菱重工が海自の新護衛艦を受注

2017年08月11日
(三菱重工が海自の新護衛艦を受注)


http://news.livedoor.com/topics/detail/13459072/


・航空便の発達で貨物船(カーゴ)が減り、造船大国だった日本も永らく低迷して来たが、コンテナ便の発達で(コンテナのまま大型トラックに積載出来る)大量輸送できる「船便」が見直され、造船日本も息を吹き返している。


・特にカーゴに比べれば、護衛艦(昔の駆逐艦と巡洋艦の中間ほどの大きさか)の建造費は桁違いに高価だ。いつまでもアメリカの言いなりになってイージス艦を購入していては身も持たない。三菱重工と三井造船の組み合わせってのも良いではないか。


・ライブドアトピックスから、財経新聞(経済オンライン新聞)の記事を以下。


・「【三菱重工が海上自衛隊の新護衛艦を受注、下請けには三井造船】財経新聞 2017年8月10日 22時42分」


・「防衛装備庁は9日、2018年度以降における海上自衛隊の護衛艦調達に際し、その主事業者に三菱重工業を選んだと発表した。下請けに選ばれたのは三井造船。新型艦の受注はジャパンマリンユナイテッド、三井造船、三菱重工の3社の間で争われていた」


・「公募は2月から行われ、上記3社の企画提案が受領された。1隻あたりの建造費用は約500億円を前提とし、各企業に対して優れた技術を備えた艦艇建造案を募っていたが、2段階の評価作業を経て、最も評価点が高かった三菱重工に決定」


・「同社が提案した新型艦のスペックは全長約130m、最大幅約16mで、基準排水量は約3,900トン、最大速力は30kt以上。今後は『基本設計に係る技術資料の作成』契約を結び、さらに2018年度以降に建造契約を締結する予定だ」


・「現在防衛省は、中国の東シナ海進出や北朝鮮のミサイル発射などを受け、海域の防衛や安全確保のため、護衛艦増勢を進めている」


・「2013年末に改められた防衛計画の大綱では、様々な任務への対応能力向上と船体のコンパクト化を果たした新護衛艦導入を提唱。それ以前の護衛艦48隻体制から54隻体制へ移行、そのうち弾道ミサイル防衛能力をもつイージス艦は8隻に増やすとしている」


・「三菱重工は日本の防衛産業にて強い存在感を放つ。戦闘機から艦艇、ミサイルまで陸海空どの分野にも対応可能だ。しかし、近年では新規のイージス艦受注を逃すという事態に見舞われた」


・「受注したのは今回の護衛艦建造にも名乗りをあげているジャパンマリンユナイテッドだ。主にIHI(解説:石川島播磨重工業のこと)とJFEホールディングス(解説:日本鋼管と川崎製鉄の経営統合)による出資のもと2013年に設立された同社は、艦艇含め数多くの船舶を建造してきた」


・「海外から受注した大型客船建造が上手くいかず、2016年までに同事業で巨額の赤字を計上するなど、船舶関連での三菱重工の足取りは思わしくない。巻き返しなるか、期待が高まる」・・・


Photo_3


« ここは清々と:TENNさん遺族 | トップページ | 「外交の安倍」を見せ付けるチャンス! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三菱重工が海自の新護衛艦を受注:

« ここは清々と:TENNさん遺族 | トップページ | 「外交の安倍」を見せ付けるチャンス! »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト