« 橋本市議を刑事告訴せよ! | トップページ | 今から愛知県がんセンターに行って参ります »

2カ月と3日、日本最短政権の羽田孜氏逝く:82歳

2017年08月28日
(2カ月と3日、日本最短政権の羽田孜氏逝く:82歳)


http://news.livedoor.com/topics/detail/13532478/

・先ずは、羽田孜氏のご冥福を祈る。享年82歳で老衰とは恐れ入谷の鬼子母神!こちとら「90歳までは、ブロガーで居よう!」などの野心は、危ういのかとも思うが、さりとて羽田氏が「総理の激務で身も心も(頭脳も)消耗したとは思えない。


・何せ彼が「総理であった」のは1994年(平成6年)の4月28日から6月30日までの64日だった!勿論「日本最短期政権」の記録に燦然と輝いている。


・遺言となったメッセージの骨子は、「政治が乱暴すぎる」だが、私はぐったらぐったらと野党の「小股すくい」や「足取り」に付き合っているばかりが政治ではないと思っている。時には「(敵)100万人といえども我征かん!」の果敢さも必要である。ただ自民党議員が堕落して、アホの集団になっていることが問題なのだ。


・ライブドアトピックスから、NEWSポストセブン の記事を以下。


・「【故・羽田孜元首相から自民党への“遺言”『政治が乱暴すぎる』】NEWSポストセブン 2017年8月28日 17時0分」


・「羽田孜元首相が8月28日、老衰のため、東京都内の自宅で死去した。享年82。羽田氏は1969年、自民党公認で衆議院選挙に立候補しトップ当選。以来、1993年に離党し新生党党首に就任するまで、24年間、自民党に籍を置いた。そんな羽田氏は今の自民党政治についてどう思っていたのだろうか」


・「『週刊ポスト』2017年7月21・28日号では、9人の自民党OBが古巣に苦言を述べる〈我が身命を賭して述べる『古巣への戒飭』〉という特集を掲載している」


・「『戒飭(かいちょく)』とは人に注意を与えて慎ませること。そこで羽田氏にも登場してもらうべく、企画趣旨を伝えたところ、高齢で取材には応じられないとしたものの、『短いメッセージなら』と、強い思いのこもった直筆の文書が届いた。そこには、以下の言葉が綴られていた」


・「『政治が乱暴すぎる。国民に背を向けた狂瀾怒濤政権に終止符を。政道とは民のためにあり』 羽田氏から古巣・自民党への『遺言』となった」・・・


Photo_2


« 橋本市議を刑事告訴せよ! | トップページ | 今から愛知県がんセンターに行って参ります »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2カ月と3日、日本最短政権の羽田孜氏逝く:82歳:

« 橋本市議を刑事告訴せよ! | トップページ | 今から愛知県がんセンターに行って参ります »

最近のトラックバック

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ
フォト