« 憲法76条の壁・軍法会議なき自衛隊(上) | トップページ | 「反日モンスター」を制御不能にまで大きくしたものは何か »

「熱中症の危険」「タイマーの誤用」

2017年08月22日
(「熱中症の危険」「タイマーの誤用」)


http://news.livedoor.com/topics/detail/13506347/


・私のエアコンは、M電機の『K』である。未だ名古屋と大阪を行ったり来たりの折にこの部屋に取り付けたので、13回目の夏である。冬はすぐ暖まるガスファンヒータなので、エアコンの稼働は6月半ば・7月・8月・9月の「3か月半」か「4カ月」である。


・買った電気屋のオヤジが疑心暗鬼(ジャパチャンあたりで買い替えたのではないか?)な目をしているが、フル稼働の方々に比べれば「3倍もって」アタリマエダである。確かに旧型だから、電気代は高い。しっかしま、高いと言っても5000円/月・(フル稼働時)程だ。ジャパチャンには悪いが、5000円×4カ月=年20000円だ。


・M電機の『K』は120000円もする。旧型故の年20000円で割れば6年分だ。しかも4カ月しか使わないので6年×4=24年になる。勿論機械の寿命があるので、そうは行かないが、一生懸命働いているM電機の『K』を、無碍(むげ)に「10000円で下取り」に出す訳にも行かない。


・足が冷えるので綿の短ソックスを履いて寝るが、29度の襖チョイ開けか、除湿(ドライ)の襖閉めで寝る。タイマーは使わない。出掛ける時も、30度にして止めない。部屋に戻って「28度の弱」くらいで、直ぐ快適な室温に戻る。


・記事は「熱中症の危険」「タイマーの誤用」を説いている。それでも熱中症は後を絶たない。昔の夏とは違う「殺人的猛暑」だ。エアコンは必須の今日この頃である。


・ライブドアトピックスから、まぐまぐニュース の記事を以下。


・「【科学者が警告。熱帯夜に『エアコン1hタイマーで就寝』の危険性】まぐまぐニュース 2017年8月22日 19時0分」


・「夏になると必ず耳にするのが『熱中症』で搬送されたというニュース。その対策として、水分を摂ってさえいればよいのかというと、どうやらそれだけでは不十分のようです。今回の無料メルマガ『アリエナイ科学メルマ』では、著者で科学者の〔くられ〕さんが、熱中症のメカニズムと対策について詳しく解説しています」


・「★科学者が語る、体温の調整と熱中症・・・・まだまだ暑い日が続きます。熱中症にはお気を付けて……というのはお天気ニュースの常套句ですが、この熱中症とは何が起こってるのか、それを知っていると知っていないでは、危機感が全然変わります」


・「例えば気温50度のサウナに30分いるのと、気温37度の部屋で扇風機にあたってゴロゴロ数時間。これがどちらが熱中症の危険があるかというと、後者で、しかも死にかねない状況です」


・「ご存じの通り、人間は恒温動物で、生涯体温を36ー39度という極めて狭い範囲で温度管理することで生きているわけですが、これは深部体温であり、この深部体温というものが上がりすぎたり下がりすぎたりしてしまったとき、人間の生命活動自体がダウンしかねない危機的状況になるわけです。深部体温というのは人間の生命活動を支える臓器や中枢神経の温度です(核心部という)」


・「例えば寒冷環境に行くと、末梢の体温(外郭部という)は30度前後まで下がります。それは体内がいつものように血液を循環させて熱をくまなく配っていくと深部体温まで低下させて臓器の働きを失わせる可能性があるからです」


・「なので寒冷地では、血液の循環を減らして組織が劣化しない程度のぎりぎりの熱交換にしようというわけです。寒冷地の哺乳類が大型化するのも、大きくなれば核心部の体温を少ない表面積で守ることができるからという理屈になります。なのでアザラシなんかはご存じの通りマルマルとしてるわけです」


・「逆に熱い場所にいると、今度は血管の血液量、末梢の毛細血管のレベルまで血の循環を増やして末梢の熱を増やして放散させて汗などの気化熱で熱を捨てようとします」


・「こうした恒常性の維持に、人間の食べた食物のカロリーの8割が使われており、成人では1日1400~500kcalになるのですが、これが肉体労働とかになってくると、3、4倍になります(故に、肉体労働者は山盛り食べても太らない上に、熱を大量に生み出してしまう筋肉量も多いので消費カロリー自体が多い)」


・「そうした機能が有る中に、体温と同程度の気温にずっといるというのは、体温を外部に捨てることができないという意味を指します。つまり体は何もしなくても熱を生産し、その熱を捨てる場所がないため、どんどん熱が溜まっていき、熱中症となるわけです」


・「故に、熱帯夜にクーラーを寝入る前にタイマーで1時間程度にしておいて熱が籠もる状況で寝ているのは危ないと言っても良いわけです。なので適度なクーラーの利用は命を守るためにも大事なわけです」・・・


Photo_4


« 憲法76条の壁・軍法会議なき自衛隊(上) | トップページ | 「反日モンスター」を制御不能にまで大きくしたものは何か »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「熱中症の危険」「タイマーの誤用」:

« 憲法76条の壁・軍法会議なき自衛隊(上) | トップページ | 「反日モンスター」を制御不能にまで大きくしたものは何か »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト