« 稀勢の里、1年間休場してはどうか | トップページ | 民進党は共産党の二軍:脱藩浪人長島の言い分 »

白鵬、日本国籍取得の意向

2017年07月20日
(白鵬、日本国籍取得の意向)


https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1858362.html


・大実業家とか、若しかしてモンゴル大統領の道も〔元横綱・朝青龍〕に譲り、自分はひたすら『日本大相撲の道』に邁進してくれるなら、言うことはない。


・それにしても白鵬の父親(1941年に生まれる。22歳でモンゴル相撲の最高位、アヴァルガになり、5年連続6度の優勝を収める。その後、レスリングでオリンピックに3度出場。モンゴルで初めてメダルを獲得したアスリート。モンゴル相撲と、上記のオリンピックの経歴から、モンゴルでは国民的英雄の扱いを受けている・・・wikiから引用)はよく許してくれたなぁ。


・自らが「英雄」なだけに、「英雄道」を行く倅を理解してくれたのか?実業家としても一流だそうだが、その後継は「白鵬の兄弟ら(居たっけ?知らないが)」に任せるのか。記事は何も書いていないが、「白鵬の父=ジグジドゥ・ムンフバト」氏も偉いではないか。


・GOOGLEニュースから、日刊スポーツの記事を以下。


・「【白鵬、日本国籍取得の意向 将来『白鵬親方』誕生へ】日刊スポーツ 2017年7月20日18時47分」


<大相撲名古屋場所>◇12日目◇20日◇愛知県体育館


・「横綱白鵬(32=宮城野)が、将来的に日本国籍を取得する考えを持っていることが、関係者の話で分かった。時期、詳細は不明だが、日本国籍を取得できれば、引退後は親方として日本相撲協会に残る見通しが立つ」


・「この日の玉鷲戦で、白鵬は通算1047勝を達成した。歴代1位の魁皇(現浅香山親方)に並ぶなど実績は十分。年寄名跡を取得するためには、(1)最高位が小結以上(2)幕内通算20場所以上(3)関取通算30場所以上-のいずれかの満たさないといけないが、白鵬はどれもクリアしている。唯一、『日本国籍を有する者』という条件だけは、満たしていなかった」


・「すでに史上1位となる38回の幕内優勝を果たしており、日本国籍を取得できれば、『一代年寄』が贈られる見通し。著しい功績があった横綱だけに与えられるもので、現役時代のしこ名のまま『白鵬親方』として弟子を指導することになる」


・「白鵬はすでに、幕内石浦、十両山口、序二段炎鵬を“内弟子”として入門させている。かねて、独立して部屋を持ちたい意向は示していた」


・「白鵬は2007年2月に徳島県出身の紗代子さんと結婚し、4人の子供を授かっている。日本国籍取得の手続きを進めれば、受理されるまで時間はかからないともみられている」・・・


・(解説)そうか、国会議員じゃないんだから、「日本」と「モンゴル」の『二重国籍』でも構わないんだ。父親もそのギリギリの線で、諒解してくれているのかも知れないなぁ。

« 稀勢の里、1年間休場してはどうか | トップページ | 民進党は共産党の二軍:脱藩浪人長島の言い分 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白鵬、日本国籍取得の意向:

« 稀勢の里、1年間休場してはどうか | トップページ | 民進党は共産党の二軍:脱藩浪人長島の言い分 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト