« 我々はサヨクメディアの印象操作に嵌められているのだ! | トップページ | この還暦基地外婆、捕まえろ! »

『爆買いされる日本の領土』宮本雅史著

2017年07月23日
(『爆買いされる日本の領土』宮本雅史著)


http://www.sankei.com/life/news/170723/lif1707230008-n1.html


・全ては過疎化・都市集中の跳ねっ帰りである。「対馬が危ない!」「北海道が危ない!」などは、私も何度もブログ紹介して来た。しっかしま、「国が、地方自治体が動かない」のではどうにもならない。


・著者は、外国資本による日本の国土買収を『武器を持たない戦争』と呼んでいるらしいが、その通りである。「日本列島は、日本人のためだけに有るのではない」と、ついチョッと前の『馬鹿総理』が言っていたが、その通りになって来ているのではないか?


・山に豪雨が降れば、樹木が隊列を組んで押し流されている。国有林は日本の山林の7割と聞く。以前のように『営林署』が在り、毎日黙々と作業員が「間伐作業」を行っていれば、こんなことはない。「枝が繁る分だけ、根が張る」からだ。山崩れは「天災」ではなく「人災」=山の保守を放り投げているからだ。


・『武器を持たない戦争』で日本は敗れ、特にチャイナの属国になる運命なのか?


・産経ニュース・[書評]から、記事を以下。


・「【『北海道を中国32番目の省に?』止まらぬ買収 『爆買いされる日本の領土』宮本雅史著】産経ニュース・[書評] 2017.7.23 09:29」


・「外国資本による日本の不動産買収が止まらない。たとえば長崎県・対馬には韓国が、北海道各地には中国が仕掛けている。北海道では、ほぼ村ごと買収された例もあり、『北海道を中国32番目の省に?』といわれるほどの勢いだ」


・「過疎化や経済疲弊で、背に腹は代えられない地元の事情もある。だが、わが国には、外国人の土地取得に歯止めとなる規制もなく、逆に売買を加速しそうな施策の動きさえある」


・「著者が『武器を持たない戦争』と呼ぶ外国資本による日本の国土買収。その驚愕(きょうがく)の実態をリポートし、安全保障の警鐘を鳴らす。(角川新書・800円+税)」・・・

« 我々はサヨクメディアの印象操作に嵌められているのだ! | トップページ | この還暦基地外婆、捕まえろ! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『爆買いされる日本の領土』宮本雅史著:

« 我々はサヨクメディアの印象操作に嵌められているのだ! | トップページ | この還暦基地外婆、捕まえろ! »

最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト