« 小池流は、どこを目指すのか | トップページ | 「這っても黒豆」:片山さつきの厚顔無恥 »

兵庫県知事選、〔勝谷誠彦〕氏が落選

2017年07月03日
(兵庫県知事選、〔勝谷誠彦〕氏が落選)


http://news.livedoor.com/topics/detail/13283161/


・さっきの投稿で、「社民党なんざ、もう解党したらどうか」などと書いたが、どっこい兵庫県知事選では、1.社民党推薦、2.自民・民進・公明各党の県組織が支援する〔現職・井戸敏三〕氏が5選を果たした。


・私の若い頃、〔桑原幹根〕という愛知県知事が1951年5月から1975年2月まで、6期連続24年に亘って県政を牛耳っていた。落選した私の好きな〔勝谷誠彦〕氏が、「多選によって県政が停滞する」と批判を展開したのは、私9歳から32歳半ばまで「オンナジ狸面」を見て来た身にはよく分かる。


・愛知県も名古屋市も、一度も「パッ」としたことが無い。今の私は、「一度も見たことがない木造の名古屋城」を復元すると言う〔河村たかし〕市長に期待しているが。


・〔勝谷誠彦〕氏は『辛口コラムニスト』が天職だと思う。後は〔門田隆将〕氏のような、人の胸を打つような文才(出版本多数)が有ればもっといい。互いに【文春】と【新潮】で、切磋琢磨した敏腕記者だったのだから。


・ライブドアトピックスから、スポーツ報知 の記事を以下。


・「勝谷誠彦氏が落選『死ね!』再出馬は『ない』】スポーツ報知 2017年7月3日 7時5分」


・「任期満了に伴う兵庫県知事選は2日に投開票が行われ、無所属の現職・井戸敏三氏(71)がコラムニストの勝谷誠彦氏(56)ら無所属3新人を退け、5選を果たした」


・「勝谷氏は多選によって県政が停滞すると批判を展開したが落選。神戸市内で開いた会見では『いいんじゃないですか。そういうくだらない人生を送っていけば』と井戸氏をバッサリ斬り捨てた」


・「社民党が推薦し、自民、民進、公明各党の県組織が支援する井戸氏に対し、知名度とインターネットを駆使した戦いを挑んだ勝谷氏」


・「選挙戦では、嫌がらせなどさまざまな組織の“壁”にぶち当たったと振り返り、『僕は日本の保守といわれていますが、本当の保守がどれだけクソか分かりました。どんないい大学に行くより、企業に行くより、いい勉強になりました。死ね!』とぶちまけた」


・「4年後の再出馬や、政治活動への意欲を問われると『ないです』と断言。『最先端の論客として、本当の論陣を張ります。僕は戦場に行ってきた。日本で一番難しい選挙を戦ってきた。勝谷はひと皮もふた皮もむけた』と早速、辛口コラムニストの顔をのぞかせた」・・・

« 小池流は、どこを目指すのか | トップページ | 「這っても黒豆」:片山さつきの厚顔無恥 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 兵庫県知事選、〔勝谷誠彦〕氏が落選:

« 小池流は、どこを目指すのか | トップページ | 「這っても黒豆」:片山さつきの厚顔無恥 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト