« 石平が読む『赤い韓国』=桜井・呉対談集 | トップページ | 「内股膏薬」で「旗幟不鮮明」な奴 »

女の戦争、ヤレー!ヤレー!

2017年06月04日
(女の戦争、ヤレー!ヤレー!)


http://www.sankei.com/politics/news/170604/plt1706040018-n1.html


・『ヒューマンライツ・ナウの伊藤和子(確か51歳)弁護士』なんざ、私がいつも書いているように「国連『条約機関』は、国内外のサヨクの巣窟」であって、伊藤和子氏も何人かの「言い付けメンバー」の1人である。でも杉田水脈氏にとっては、その『なでしこリポート』に、伊藤和子氏が「『あほやな』とツイートしてくれたのは千載一遇のチャンスと捉えるべきだ。


・杉田水脈氏(28歳)の若い力で、「雉の鳴かずば撃たれまいに」ということを、よく教えてやるべきである。杉田水脈氏の奮闘努力次第では、「国連『条約機関』は、国内外のサヨクの巣窟」であることが大いに暴かれ、この際「大掃除」が出来るかも知れない。少なくとも『保守中道の学者や政治家』は、杉田水脈氏をバックアップ・応援するべきである。


・産経ニュースから、記事を以下。


・「【産経ニュースに掲載の『杉田水脈氏のなでしこリポート』にヒューマンライツ・ナウの伊藤和子弁護士が『あほ』 杉田氏はフェイスブックに伊藤氏の『失礼な対応』を“リポート”】産経ニュース 2017.6.4 19:05」


・「3日に産経ニュースに配信された『杉田水脈のなでしこリポート(28)』に関し、ヒューマンライツ・ナウ代表の伊藤和子弁護士が『あほやな』とツイートしたことから、杉田水脈(すぎた・みお)元衆院議員と伊藤弁護士との間で激しいツイート合戦となっている」


・「なでしこリポートで、杉田元衆院議員は2日に自民党本部で行われた『表現の自由』国連報告者とのヒアリング・意見交換に出席した様子を詳細に紹介した」


・「このヒアリングに出席したデービッド・ケイ氏(米カリフォルニア大アーバイン校教授)は、平成28年4月、『政府の圧力がメディアを萎縮させている』とする報告書を国連人権理事会の特別報告者という立場で発表。ケイ氏は今年6月の国連人権理事会で報告書を提出するとみられている」


・「2日に来日して会見したケイ氏は、傷害罪などで起訴された沖縄平和運動センターの山城博治被告(64)の拘留をも批判している」


・「杉田元衆院議員は『(ケイ氏は)ヒューマンライツ・ナウという団体、特に伊藤和子氏とケイ氏はツーカーの仲で、とても親密な雰囲気でした』と記し、『国連人権委員会とヒューマンライツ・ナウの親密さを改めて思い知りました』と報告した」


・「この記事『なでしこリポート』に伊藤弁護士は『あほやな。多くのアメリカ人エリート同様、彼はみんなにフレンドリー。特に主催者にはね。この人(おそらく杉田氏のこと)、池田信夫と同じこと言ってるから対応、考えよ』と恫喝ともとれるツイートをした」


・「これに杉田氏は『他人のことを平気で『あほ』と言える弁護士って…』と返した。 伊藤氏は『講演会開催したのに非難される。それ、ないでしょ。陰で批判している政府の人間だれ?』と恨み節を吐露した」


・「杉田氏はフェイスブックでも、2日に自民党本部で行われた意見公開会で伊藤氏側の『失礼な対応』があったと記した。 フェイスブックによると、前議員バッジをつけて会場入りした杉田氏にスタッフが『もしよかったら紹介するので名刺をいただけますか』と声をかけてきた。名刺を渡したが、司会の伊藤弁護士は出席議員の紹介の際、杉田氏の名前を呼ばなかったという」


・「抗議の末、名前をアナウンスすることになったが、最後まで杉田氏の名前は呼ばれず『前議員の方もおいでです』とお茶を濁される形となった」


・「『約束も守れないのか、あなたの団体は』と伊藤氏(に)詰め寄った杉田氏に、伊藤氏は『あなた、誰?』と返したといい、憤懣やるかたなかったのか、杉田氏はそのときの伊藤氏の表情だとして写真をフェイスブックに掲載した」


・「伊藤氏のツイッターには『産経はネトウヨの同人誌だから、まともなことを彼らに書けというのは無理な話』『全国紙の新聞社としての質も問われますね』などと応援する書き込みもあったが、『日本人が反撃する術がないことを利用してやりたい放題してきた報いをこれから(伊藤氏たちは)受けることになるのでは』といった伊藤氏側を批判するツイートもあった。(WEB編集チーム)」・・・

« 石平が読む『赤い韓国』=桜井・呉対談集 | トップページ | 「内股膏薬」で「旗幟不鮮明」な奴 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女の戦争、ヤレー!ヤレー!:

« 石平が読む『赤い韓国』=桜井・呉対談集 | トップページ | 「内股膏薬」で「旗幟不鮮明」な奴 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ
フォト