« ダルがヤンキースに? | トップページ | 支那人を大量に住まわせた公営住宅 »

ポケモンGO、シニア人気で『衰え』知らず

2017年06月26日
(ポケモンGO、シニア人気で『衰え』知らず)


http://news.livedoor.com/topics/detail/13249115/


・日本人の信条は、「立居振る舞いの美学」であった筈なのに、ハテいつから変わったのか? 10年ほど前になるが、岡山で『私は此処に居ます!』というセミナーに友人に誘われた。「大阪⇔岡山の交通費は会社で負担するが、セミナー受講料@10000円は個人負担してくれ」と友が言う。


・断られる立場でも無かったのでOKしたが、セミナー好きの友と言うより、カミさん(若い!)の友人のセミナーだということに行ってから気が付いた。携帯電話の普及で、「電話中の自分はそこに居るようで、実は『会話の彼方』へ飛んでいる」という、現実だが子供じみた若い女性講師のセミナーだった。


・何も@10000円も出して、岡山まで往復する内容では無かったが、言っていることは的を射ていた。1.スマホ立ち読み歩き、2.スマホ見ながら自転車、3.スマホ股覗き運転など、世は狂乱時代である。4.イヤホンで相手と会話しながら笑って歩いている奴を初めて見た時は、「狂人か?」と思ったものだ。


・「もう終わってるだろ?」と思っているのに、私の住処前の公園周辺には、怪しげな奴らが深夜、ワンサカ佇んでいる。顔だけスマホ画面の明るさでボンヤリ白いのは「幽霊みたい」だ。記事の通り、確かに中年が多い。記事中のように、「『現在、シニアのひきこもりが問題となっていますが、ポケモンGOがより普及することで問題解決に一役買うかもしれません』」のようなことは無い。「引き籠りシニアが、スマホゲームを出来るかどうか考えれば」ガセだと分かる。


・ターザンゴッコと秘密基地作り、石投げと棒叩きにしか興味が無かった我ら世代は、ハナから「スマホゲーム」などに全く興味が無い。シニアを「50代~60代」と限定して欲しいものだ。我ら「誇り高き70代」は、そんな時代遅れのゲームの為に、深夜の公園付近に佇まないわ!


・ライブドアトピックスから、J-CASTニュース の記事を以下。


・「【ポケモンGO、シニア人気で『衰え』知らず 『50歳以上専用スレ』大盛り上がり】J-CASTニュース 2017年6月25日 9時0分」


・人気スマートフォン向けゲーム【ポケモンGO】が、配信からまもなく1周年をむかえる。2016年7月のリリース後、老若男女問わず街中にプレイヤーがあふれ、社会現象にもなった∴


・「一方で、若年層を中心に【ポケモンGO】離れも進む。以前はよく遊んでいたけど最近は...という読者も多いのではないだろうか。そんな流行に陰り(?)が見える中、意外な世代でいまも『ブーム』が続く」


・「★中高生の『8割』は疎遠に・・・ポケモンGOは、17年6月時点で世界累計ダウンロード数7億5千万回を突破した。サービス開始1周年を記念し、初となるリアルイベントも7月22日に米・グランドパークで開催。6月20日にチケットが発売されると、開始後わずか30分で完売、根強い人気がうかがえる」


・「リリースから順調に成長を続けているかにみえるポケモンGOだが、他方でこんなデータもある。フィールズ総研(東京・渋谷)が16年12月、全国の小学生から69歳までの男女1万1456人を対象にした調査によると、【ポケモンGO】利用経験者のうち、現在も継続して遊んでいる人は40.9%と半数以下だった。特に10代での『ポケモンGO離れ』が顕著で、中高生では約8割が離脱していた」


・「しかし、暗い話題だけではない。シニア世代ではなおも人気のようだ。継続して遊んでいる50代は51.6%、60代では52.3%と、ともに半数以上が『現役トレーナー』だった」


・「インターネットの掲示板でも、『50歳以上が集うポケモンGO大集合』というスレッドが6月9日に立ち上がり、高齢トレーナーたちが連日、情報交換にいそしむ。21日時点で350ほどの投稿が寄せられている」


・「★引きこもり対策にも・・・それでは、なぜ50~60代で【ポケモンGO】の継続率が高いのか。日本SPセンター・シニアマーケティング研究所(東京・渋谷)の担当者は21日、J-CASTニュースの取材に対し、あくまで推測ですが、と前置きしつつ3点を指摘する」


・「★1点目が、『子・孫による影響』・・・子どもが、ポケモンの第一世代(1996年~98年発売の赤・緑・青・ピカチュウ版)のため、『親子でポケモンを楽しんでいたので親しみがあるシニア世代は少なくないと思います』」


・「また、『ポケモンGOに熱中する孫とコミュニケーションをとるために始め、自身も傾倒するシニアが多いのでは』とも予想する」


・「2点目は、『設計が非常にシンプルなため』だ。ポケモンGOは、ゲーム初心者でも楽しめるよう、わかりやすい操作方法を特徴とする。そのため、『シニアでも気軽に挑戦しやすい』という」


・「『さらに、『シニア世代は他の年代に比べて一度ハマると息が長いです。それが継続率の高さにつながっているのかもしれません』」


・「3点目は、『健康維持・増進のため』。ゲームでは、位置情報をもとにストーリーが展開するため、利用者は『歩行』を強いられる。よって、ちょっとした外出先や旅先での暇つぶしとして重宝される。健康維持・増進目的での利用者も一定数いるようだ」


・「『現在、シニアのひきこもりが問題となっていますが、ポケモンGOがより普及することで問題解決に一役買うかもしれません』と生活改善効果も期待できるとした」・・・

« ダルがヤンキースに? | トップページ | 支那人を大量に住まわせた公営住宅 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポケモンGO、シニア人気で『衰え』知らず:

« ダルがヤンキースに? | トップページ | 支那人を大量に住まわせた公営住宅 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト