« 都議選後に「蓮舫降ろし」も | トップページ | 私、本日から『75歳・後期高齢者』 »

支那人こそ「夜郎自大」だ!

2017年05月06日
(支那人こそ「夜郎自大」だ!)


http://www.sankei.com/world/news/170506/wor1705060036-n1.html


・ちょっと前だが、〔福田赳夫〕の倅で総理大臣まで昇り詰めた〔福田康夫〕が、テレビカメラの前で「近隣諸国が嫌がることを、やっちゃいけませんよ」とヘラヘラしながら『総理大臣の靖国参拝』を批判したことがある。「こいつは日本人か?日本の為に散華した英霊の御霊を、どう思っているんだ!」と悲憤慷慨したことを、私はクッキリ覚えている。


・そりゃ支那人にとってもコリアンにとっても、日本は「ちょっとクレームを付ければ、ハイハイと言うことを訊く国だ」と嘲っているに違いない。だから支那人・習近平は、「アメリカと我々で太平洋を分割統治しよう」などのタワケが言えるのだ。あの時は、ヘッピリ・オバマも流石に怒って、表情を凍りつかせていた。


・そのオンナジ支那人・習近平が、またぞろやらかしている。今度はトランプだからと舐めたのか、米太平洋軍司令官が「日系」だとムキになったのか、「ハリス司令官の更迭要求」だと?米太平洋軍司令官は、ついこの間まで「司令長官」と別格扱いだった米海軍の「大将の中の大将」である。


・日本はヘッピリの代表だから、「敵からの明らかな内政干渉」でも、ハイハイと言うことを訊く。アメリカがそれをやったらもう、お終いだぜ。トランプも支那人が「ちょっと脇を甘くすりゃ、夜郎自大のように付け上がる民族だ」ってことが、少しは分かって来たかや?


・産経ニュースから、記事を以下。


・「【中国、米太平洋軍司令官の更迭要求 北朝鮮圧力の見返り】産経ニュース 2017.5.6 21:35」


・「中国の習近平指導部がトランプ米政権に対し、核・ミサイル開発を進める北朝鮮への圧力を強める見返りとして、米中が対立している南シナ海問題などで対中強硬姿勢を示すハリス米太平洋軍司令官(海軍大将)を更迭するよう求めていたことが6日、分かった。米中関係筋が明らかにした」


・「ハリス氏は日系米国人。先月、原子力空母カール・ビンソンに北朝鮮付近へ向かうよう命じるなど、太平洋地域の安全保障の実務をつかさどる。主権国にとって軍司令官人事は内政の重要事項で、他国が更迭を求めるのは外交上極めて異例だ」


・「4月6~7日に米フロリダ州で行われたトランプ氏と習国家主席の初首脳会談に合わせ、中国の崔天凱駐米大使が米側に要求を伝えた。また経済関係についても、トランプ政権に対して中国の『為替操作国』認定を見送るよう求めた」


・「トランプ政権側は更迭要求を拒否したとみられる。(共同)」・・・

« 都議選後に「蓮舫降ろし」も | トップページ | 私、本日から『75歳・後期高齢者』 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 支那人こそ「夜郎自大」だ!:

« 都議選後に「蓮舫降ろし」も | トップページ | 私、本日から『75歳・後期高齢者』 »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
フォト