« 支那人こそ「夜郎自大」だ! | トップページ | 【沖ノ島】世界文化遺産へ:ケツ捲って辞退すべきだ! »

私、本日から『75歳・後期高齢者』

2017年05月07日
(私、本日から『75歳・後期高齢者』)


・今売れている“怒りの女流作家”:佐藤愛子さんの本:【90歳、何がめでたい!】に肖(あやか)れば、【後期高齢者、何がめでたい!】である。1.遠い昔の保険証が復活したような、大きな保険証に変わり、2.分厚い『お薬手帳』なるものを、常時携行しなければならなくなった。


・歳をとって「フォーマルウエア(背広)」は着なくなったので、『懐に入れる長財布』は持てなくなって久しい。近所のスーパーで『ジーンズのポケットに入る折り畳み財布』にとっくに変えた。安物だが機能的だ。ボロ度が進んだら、1年に1個替えても、ブランドものの長財布が20個以上も買える安価だ。


・保険証が小さくなり、「お薬手帳はお持ちですか?」「持ってねぇなぁ、部屋のどこかには有るんだろうけど」で、ズッと軽快に暮らして来た。ところが今日から、1.遠い昔の保険証が復活したような、大きな保険証に変わり、2.分厚い『お薬手帳』なるものを、常時携行しなければならなくなったなら、ク、クソッ!だがルールには従わなければならない。我が日本は法治国家だからだ。


・58歳から59歳にかけて、1回約4時間の抗がん剤を7カ月かけて25回外来投与することになり、患者さんが皆やっておみえの『ウエストポーチ・スタイル』がダサかった。哺乳瓶大の容器にゴム風船に入れられた抗がん剤が、収縮する力で体内に抗がん剤を打ち込んでいくのである。『ウエストポーチ・スタイル』では、「いかにもがん闘病中です」の格好で、仕事にも出掛けられない。


・「まてよ、携帯が未だ大きかった頃、悪戯に通販で買ったホルスターが有った筈だ!」 ホラ、刑事が上着の下に纏い、左脇のザックに拳銃を吊るすアレである。それがまぁ、念力のように押入れの奥からポロッと出て来た。上着はタップリ大きいセミダブルである。抗がん剤キットを拳銃のように格納し、白い管はネクタイの下に隠し、Yシャツのボタンの隙間から胸のリザーバーにセットした。これで「体に抗がん剤を打ち込みながら」、私は社内作業だけでなく、客先にも出張にも出掛けた7カ月間だったのだ。


・その折とオンナジである。長財布でもない、二つ折り財布でもない、さりとて、「老人の象徴」のような『ウエストポーチ』だけは絶対したくない。・・・ところが「至誠天に通ず」である。未だダイアモンドカードもブラックカードも無い時代、AMEXが『ゴールドカード記念品』に配布した、『ベルト通しの小型皮バッグ』が出て来たのだ。縦11.5cm、横14cmの上等な本革製である。


・1.大型の保険証、2.お薬手帳、3.診察券、4各種カード、5.現金、6.小銭、7.小型虫眼鏡、8.青春の写真etc、一網打尽に格納出来て、常にベルトが通されて前部に有るので、紛失することもない。しかもチャックが2通りあり、ゾーン(世界)が分けられる。よしよし、これならあと15年(90歳)までは平気だわ!と、意を強くする。


・しっかしま、話を原理原則に戻せば、【後期高齢者、何がめでたい!】である。日本が本当の一流国なら、先ずは「長い間、日本の復興のためご苦労様でした」の役所からの感謝の言葉だろう。そして当然、1.75歳からは健康保険料はタダ、2.窓口負担もタダが当然だろう。


・私が「日本と言う国の背骨を齧り続けているのは官僚・役人だ!」と断言しているように、こ奴らはテメェでは一円も稼ぎださない癖して、国民からあの手この手で「ゼニを毟り取る」ことしか考えていない。だから一生懸命生きて来て、75歳になっても、【後期高齢者、何がめでたい!】になってしまうのである。

« 支那人こそ「夜郎自大」だ! | トップページ | 【沖ノ島】世界文化遺産へ:ケツ捲って辞退すべきだ! »

心と体」カテゴリの記事

コメント

織伊友作様、
僕は65歳で後期高齢者に指定されて口惜しい思いをしております。身体障害三級は10年ほど命を短かく見積られている、と役場の窓口の説明でした。21世紀の世界では考えられない『不細工』な保険証迄押し付けられました。
思うのですが、高齢者に対する運転免許証自主返納を促すプロパガンダなども同種の『区別』と云ふ年寄りに対する『差別』デス。

名無し様、

コメント、有難うございました。4種類のがんと5戦闘(2回は全身麻酔・開腹切除手術。1回は7カ月・25回の抗がん剤投与、あと2回は内視鏡的胃がん剥離手術)して17年間生きて来ましたが、私は身体障碍ではありませんので、貴兄のコメントで「障碍三級は10年も早く後期高齢者扱いされるのだ」と初めて知りました。

無念のお気持ちはお察ししますが、ナニ、人間は寿命です。私のように勝手に「90歳まではブロガーをやる!」というように能天気に決めて、それこそ「上を向いて」元気に生きましょうよ。

でもこの「前世紀風の保険証」、今日初めて持ち歩きましたが、お役人は何を考えているんでしょうね。免許証の更新、6月1日に予約しました。5,850円払って1日がかりですが、執念で更新します。死んだら棺桶に「こいつだけは入れてくれ」と、友人らに伝えてあります。

織伊友作様、
怒りに任せて取り乱し、名乗りを忘れてしまいました、失礼を御許し下さい!!
消費税を10%にする時に全額社会保障に充てると聞いた気がするのですが、私の聞き違いでした。か⁇

藤城孝久さま、

コメント、有難うございました。名無しコメントの末尾が「デス」になっていましたから、恐らく「藤城さんだろうな?」とは感じていましたが。

私の肺がんで亡くなった畏友は、「おい、俺みたいに片肺になっても、障碍者認定は出ないんだと!」と怒っていましたが、藤城さんは「平井先生手術の結果」で障碍三級になられたのでしょうか?それとも何か別の障碍をお持ちなのでしょうか?いずれにせよお国・お役人は冷酷なものです。腐らずに元気に参りましょう。

消費税10%時には、「全て社会保障費に!」は自民党の公約です。でも私は「すぐ剥がれる膏薬」と思っています。パープーの国会議員が多すぎます。参議院を無くして一院制にしたら、本物だと思いますが、彼らは絶対「身を切る改革」はしません。口先だけです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私、本日から『75歳・後期高齢者』:

« 支那人こそ「夜郎自大」だ! | トップページ | 【沖ノ島】世界文化遺産へ:ケツ捲って辞退すべきだ! »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト