« 『侍J』、準決勝でアメリカに敗退 | トップページ | 「大人気ない」は、多分日本語だろ? »

海自最大の空母型護衛艦『かが』就役

2017年03月22日
(海自最大の空母型護衛艦『かが』就役)


http://www.sankei.com/politics/news/170322/plt1703220014-n1.html


・『全通甲板』を持つヘリコプター搭載護衛艦が就役し、さらに航続距離が長い『オスプレィ』まで搭載出来るということは、空母護衛艦(ヘリ空母)としては海自・過去最大である。


・「専守防衛」という自縄自縛も、いつかは取れよう。この馬鹿な「両腕を縛ってボクシングのリングに立つような不自然さ」は、日本民族の意思によっていずれ解消されよう。となれば、最新鋭戦闘機(艦載機)が自由に発着出来る『戦後初の航空母艦』の誕生も目前だ。


・それこそ「私の目の黒いうち」には、2,3隻の『戦後初の航空母艦』の誕生となるのではないか?


・産経ニュースから、記事を以下。


・「【中国よ、これが日本の実力だ 海自最大の空母型護衛艦『かが』就役 南西諸島などの防衛に対応】産経ニュース 2017.3.22 12:44」


・『海上自衛隊最大の護衛艦『かが』が22日、横浜市のジャパンマリンユナイテッド磯子工場で就役した」


・「自衛艦旗授与式で小林鷹之防衛政務官は『わが国を取り巻く安全保障環境は一層厳しさを増している。『かが』の存在は極めて重要で、訓練に精励し、一日も早く即応体制を確立してください』と訓示した」


・「『かが』は全長248メートルで艦首から艦尾までが空母のように平らな『全通甲板』を持つヘリコプター搭載護衛艦。哨戒ヘリは5機が同時に離着艦でき、対潜水艦戦に従事して強引な海洋進出を続ける中国を牽制する」


・「輸送ヘリや攻撃ヘリ、垂直離着陸輸送機MV22オスプレイなども搭載でき、南西諸島をはじめとした離島防衛や災害派遣などでの活躍も期待される」・・・

« 『侍J』、準決勝でアメリカに敗退 | トップページ | 「大人気ない」は、多分日本語だろ? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海自最大の空母型護衛艦『かが』就役:

« 『侍J』、準決勝でアメリカに敗退 | トップページ | 「大人気ない」は、多分日本語だろ? »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト