« 安倍政権はいよいよ終わりが始まった | トップページ | アホ防衛大臣の公私混同 »

日本の準決勝相手はアメリカ

2017年03月19日
(日本の準決勝相手はアメリカ)


https://news.nifty.com/topics/nikkansp/170319161124/


・これで、MLBから唯一人『侍J』に参戦してくれた〔青木宣親〕選手の「男気」に応えることが出来る。前回の覇者で、独特の瞬発力を持ったドミニカが敗退し、「実業団とMLB二軍と大学野球」が混成されたような『アメリカ』が対戦相手になって、スッキリ良かったのではないか?


・ここまでの戦いで、『侍J』が一番苦しんだのは『イスラエル』ではないのか?何もデータが無いし、初出場だ。有ったのは「MLB選手の息子たちが多い」というくらいだったのではなかろうか?


・熱戦になろうが、『侍J』は『アメリカ』の方がやり易いのではないか?そして激闘の末『オランダ』にも辛勝し、夢の「王座奪還」で、シャンパンファイトに酔い痴れるのではなかろうか。頑張れ、『侍J』!


・ニフティニュースから、日刊スポーツ の記事を以下。


・「【日本の相手は米国 スタントン決勝2ランで準決勝へ】日刊スポーツ 2017年03月19日 14時49分」


・「<WBC:ドミニカ共和国-米国>◇2次ラウンドF組◇18日(日本時間19日)◇米国ペトコパーク
 侍ジャパンの準決勝の相手は米国に決まった」


・「米国がドミニカ共和国を6-3で破りF組2位で準決勝進出を決めた。21日(同22日)にドジャースタジアムで行われる準決勝でE組1位の日本と対戦する」


・「ドミニカ共和国に2点を先制されたが3回に同点に追いつくと4回、8番のスタントン(マーリンズ)が左翼へ特大の2ランを放って勝ち越した。終盤に1点差に迫られたが8回にはマチャド(パイレーツ)の2点二塁打で突き放した」


・「連覇を狙ったドミニカ共和国は2次ラウンドで姿を消した。準決勝の組み合わせは以下の通り。


▽20日(同21日) プエルトリコ-オランダ

▽21日(同22日) 日本-米国 」・・・

« 安倍政権はいよいよ終わりが始まった | トップページ | アホ防衛大臣の公私混同 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の準決勝相手はアメリカ:

« 安倍政権はいよいよ終わりが始まった | トップページ | アホ防衛大臣の公私混同 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト