« 「フランス左派系メディア」が切る『森友騒動』 | トップページ | 稀勢の里の一夜明け会見詳報 »

今回の[花田紀凱の週刊誌ウォッチング]は面白い!

2017年03月26日
(今回の[花田紀凱の週刊誌ウォッチング]は面白い!)


http://www.sankei.com/premium/news/170326/prm1703260021-n1.html


・『週刊文春』の敏腕デスクだった花田紀凱氏は、私が好きなジャーナリストだ。しっかしま、毎回律儀にこの[花田紀凱の週刊誌ウォッチング]をご紹介している訳ではない。[石平のCHINA WATCH]同様、一読して「つまらない時」は割愛する。


・今回の[花田紀凱の週刊誌ウォッチング]は面白い。しかも「文春砲もかすむ」という『インチキ・トクホ』=『キリンメッツコーラ』、『十六茶W』、『伊右衛門特茶』、『リカルデントガム』などを全部実名写真入りで告発・・・しかも「国とメーカーによる壮大な消費詐欺である」と断じていることも面白い!


・産経ニュース・[花田紀凱の週刊誌ウォッチング〈610〉]から、記事を以下。


・「【『週刊新潮』の『トクホの大嘘』 スポンサーもへったくれもない告発には『文春砲』もかすむ】産経ニュース・[花田紀凱の週刊誌ウォッチング〈610〉] 2017.3.26 09:00」


・「総理夫人が、森友学園に100万円を寄付したのか。しなかったのか。たとえ渡したとして法的には何の問題もない。森友学園問題の核心は、国有地の売買に政治家の口利きがあったのかなかったのか、政治家にカネが渡っていたか否か。それに尽きる」


・「野党もその“物的証拠”を入手できないから、23日の籠池理事長証人喚問、予想されたこととはいえ、夫人の件が中心で時間のムダだった。『週刊文春』の人気コラム『激辛インテリジェンス』で飯島勲さんが鋭く指摘している通りだ(3月30日号)」


・「〈これがそんな国家も揺るがすような大事な話なの? 国有地の売却価格を八億円も安くしたと疑ってるけど、違うだろ。廃棄物を国が処理してると時間がかかっちゃうから、森友側が撤去する。その分の費用を差し引くって契約をしただけでさ。(中略)近畿財務局側はそこはきちっと処置してたし、騒ぐ必要なんかないぜ〉」


・「それより問題なのは1月20日に召集された通常国会。もうすぐ会期150日の折り返し点なのに、成立した法案は〈たった一本だけ〉。それこそ税金のムダ遣いだ」


・「『文春』では山口敬之さん(ジャーナリスト)の寄稿『金正恩『斬首作戦』トランプ決断目前!』が、インサイドリポートとして読ませる。オバマ政権から唯一続投していたラッセル国務次官補が昨年10月、こんな衝撃的な発言をしたという」


・「〈『金正恩は核攻撃能力を強化するだろうが、そうすれば金正恩は即死する』〉。そのラッセルは昨年12月17日秘かに来日、政府関係者と〈突っ込んだ意見交換を行った〉」


・「『週刊新潮』(3月30日号)11ページの大特集『トクホの大嘘』。〈はっきり言ってしまおう。トクホ(特定保健用食品)は国とメーカーによる壮大な消費詐欺である〉。『キリンメッツコーラ』『十六茶W』『伊右衛門特茶』『リカルデント』ガムなどを全部実名写真入りで告発。スポンサーもへったくれもないこの告発、『文春砲』も霞(かす)む。 (月刊『Hanada』編集長)」・・・

« 「フランス左派系メディア」が切る『森友騒動』 | トップページ | 稀勢の里の一夜明け会見詳報 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今回の[花田紀凱の週刊誌ウォッチング]は面白い!:

« 「フランス左派系メディア」が切る『森友騒動』 | トップページ | 稀勢の里の一夜明け会見詳報 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト