« チャイナ:「郷愁の民国時代」 | トップページ | 稀勢の里、怪我で休場か »

負けたけどうれしい『侍J』:WBC

2017年03月24日
(負けたけどうれしい『侍J』:WBC)


http://www.nikkansports.com/baseball/column/takahara/news/1796604.html


・アメリカがついに本気になった。全員がメジャーの選手だったようだ。そうでなくてはならない。アメリカが胸を出し、「勝てるもんなら、かかって来い!」とやらなくっちゃ。一体全体、これまで3回のアメリカ選手団は、どういう選抜基準だったのだろう。


・WBCも、主催はMLBである。「このままではWBCも終焉だな?」と肌で感じて、ようやく今回「本気を出して来た」のだろう。優勝はプエルトリコを降したアメリカだった。そして『侍J』は、そのアメリカに準決勝で2-1で敗れたのだ。「準決勝敗退」ってより、高校野球のように「4強」と胸を張った方がいいだろ?「善戦健闘」したのは事実だから。ご苦労様!


・GOOGLEニュースから、日刊スポーツ・TLの記事を以下。


・「【負けたけどうれしい 米国ついに本気になったWBC】日刊スポーツ・TL 2017年3月23日19時8分」


・「楽しませてもらったWBCは惜しくも準決勝敗退。日本代表を破った米国が見事に初優勝を決めました。2大会ぶりの世界一奪還を目指した侍ジャパンにすれば、やはり残念としか言いようがないところです」


・「しかし、結論から言えば日本プロ野球が負けたとは思っていません。確かに米国先発ロアークの動く球には苦戦したし、慣れない球場で守備にミスも出て2点を失っての敗戦でした。しかし米国だって菅野、千賀が投じるキレのいい真っすぐに苦しんでいたし、本当にちょっとしたことで勝敗の流れはどちらに転んでいたか。こればかりは勝負は「時の運」としか言いようのない結果だったと思います」


・「といいながら、やはり、ここで書いておきたいことがあります。日本プロ野球と米大リーグ、どちらがレベルが上か。シンプルな話です。その問いを投げかけた相手がいました。イチローです。かなり前ですが、例によって神戸で少し話したときに単純に私見を聞いてみたのです」


・「イチローは困った顔をしながらも率直に話してくれたものです。『僕が言うと嫌みというか、なにかそんな風に聞こえるかもしれないので、あまり言いたくないけど、メジャーに行った選手の中で日本時代よりもいい成績を出した選手はあまりいないということですよね』」
 

・「現状、日本プロ野球を経験してから渡米する場合はある程度、年齢を重ねてからになります。そういう面も考慮しなければならないとは思いますが、やはり、メジャーで日本時代より好成績を残すのは難しい。イチローはハッキリは言いませんが、そこから考えれば、やはりメジャーの方が上ということでしょう」


・「もちろん言うまでもなく『メジャー=米国』ではありません。従って『日本と米国』という単純比較はできないのですが、今回、4度目のWBCで本気になってきた米国代表の強さを見れば、何試合しても本気の米国に勝つのは簡単なことではないでしょう」


・「でも、いま、少しうれしいなという気持ちもしています。米国が本気になってチーム編成し、WBCで優勝したことで大会の意味が変わる可能性はあります。4年に1度、国別対抗でやるガチンコの野球大会ということが本当の意味で世界に浸透してくれば日本の中でもいろいろなことが変わってくると思います」


・「アマの高校野球は仕方ないにしても、日本代表戦の“裏”でプロ野球のオープン戦をナイトゲームでやっていたりするのは、やはり何かが違うと思います。まさにさまざまな問題をクリアして、国を挙げて大リーグからも選手を呼び戻し、最強チームで戦うという形になってほしい。そう思います」・・・

« チャイナ:「郷愁の民国時代」 | トップページ | 稀勢の里、怪我で休場か »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 負けたけどうれしい『侍J』:WBC:

« チャイナ:「郷愁の民国時代」 | トップページ | 稀勢の里、怪我で休場か »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト