« 小池都知事、“慎太郎利権”潰しに着手 | トップページ | サウスコリア:「赤化前夜」の今 »

自ら墓穴を掘ったか?:大谷二刀流

2017年02月05日
(自ら墓穴を掘ったか?:大谷二刀流)


http://news.livedoor.com/topics/detail/12633302/


・人生、至る所に「切所(せっしょ)」や「陥穽(かんせい)」が散りばめられている。百年に一人の逸材:大谷翔平選手も、例外では無かったということだ。ポスティングシステムで、「300億円!」とも騒がれていた彼だったが、野茂、松井、イチローやダルビッシュやマー君らのように「アメリカが納得する」名プレーヤーになるのは大変だ。


・MLBからすれば、松坂のように「詐欺に遭った」ような例もある。そこそこの評価でMLB入りして、「御身大事」に徹する方がいいのではないか。それでなくても「MLBの中4日」の投手ローテーションと、広大な大陸を移動する転戦は大変だ。あんまり欲はかかない方が身のためだと思うよ。


・ライブドアトピックスから、東スポWeb の記事を以下。


・「【[WBC]大谷メジャー評価暴落 改めてクローズアップ『二刀流リスク』】東スポWeb 2017年2月5日 11時0分」


・「3月に行われる第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で、侍ジャパンを指揮する小久保裕紀監督(45)が3日、右足首の負傷で投手としての出場辞退を申し入れていた日本ハム・大谷翔平投手(22)の登録解除を正式発表した」


・「『日本の顔』とも言えるスター選手の離脱は関係各所に波紋を広げているが、最も大きな打撃を受けるのは大谷本人だ。二刀流リスクが改めてクローズアップされ、メジャーでの“価格暴落危機”にあるというのだ」


・「この日、西武・南郷キャンプを視察していた小久保監督が終了後、報道陣に対応。苦渋の表情を浮かべながら大谷に関する重大決断を打ち明けた。『昨日から今日にかけて日本ハムからの情報をしっかり見させてもらって、その上で彼本人と話をして28人の登録枠から外すと大谷本人に伝えました』」


・「『そこに向けて自分が思っているように状態が上がってこなかったことが一番。こちらとしても100(%)で動けない選手を預かるリスクを考えた。彼を中心で考えていたが前へ進むしかない。翔平がいなくなった分、チームの結束が強まることを期待したい』」


・「小久保監督はそう語ると『あと1人追加選手を招集したいと思う。(ポジションは)先発です。近日中に決まれば報告します』と続けた。米アリゾナにいる大谷と直接電話で会談した小久保監督は『本人も納得した。正直言ってWBCのためにやっていたので『最終的に力になれなくてすいませんでした』ということでした』と語り、口を真一文字に結んだ」


・「大谷を中心にチーム作りを考えていた小久保監督にとっては、あまりにも痛すぎるアクシデント。だが、痛いのは侍ジャパンだけではない。すでに大谷の代表レプリカユニホームが、WBC日本代表のオフィシャルオンラインショップで購入できなくなっているように、日本代表のグッズ売り上げも大打撃なのは間違いない。スポンサーも大ショックで、すでに撮影済みのCMなどはお蔵入りが確定。観客動員にも影響するだろう。損失額は数億円に及ぶ可能性もある」


・「ただ、最も大きな打撃を受けることになるのは、当の大谷本人ではないか。今回の代表離脱を受け、今大会での大谷視察を予定していたMLB関係者が、メジャーの大谷への評価が大暴落する可能性を指摘したのだ」


・「ア・リーグのスカウトによると『これで二刀流への評価は慎重にならざるを得ない。投手専任だったら一塁ベースにあそこまで強く走り込む必要はなかった』と、一部のMLBスカウト間では今回の右足首痛の原因となった昨年の日本シリーズ第4戦での走塁問題が、クローズアップされているという」


・「これまで大谷の二刀流に関しては、昨シーズンの大活躍により、メジャー側に『大谷獲得には二刀流容認が絶対条件』という認識も生まれつつあったのだが…。今回の故障発生で二刀流リスクが再認識されたことでトーンダウン。二刀流が大谷獲得の条件となれば争奪戦に参加しない球団が増え、必然的に大谷自身の“価格”が下がってしまうことになりかねない」


・「大谷を継続調査する、別のメジャー球団のスカウトは『やはり高いレベルで打者もやりながら投手もやるというのはそう甘くはないということ。大谷を世界で唯一の例外としたかった日本ハムの戦略は、ここで再考を求められるのかもしれない』と話すと、続けて『まず1年間、中6日のローテーションを守った上で二刀流での活躍が証明できなければ、メジャーの中4日には絶対に対応できない』と言い切った」


・「本来ならばWBCでの大活躍で、メジャースカウトの評価がさらに急騰…となるところ、まさかの離脱で二刀流自体の評価低下を招いてしまった。大谷、そしてポスティングシステムでの収入にも影響が出る日本ハムにとっては、まさに大打撃といえる」・・・

« 小池都知事、“慎太郎利権”潰しに着手 | トップページ | サウスコリア:「赤化前夜」の今 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自ら墓穴を掘ったか?:大谷二刀流:

« 小池都知事、“慎太郎利権”潰しに着手 | トップページ | サウスコリア:「赤化前夜」の今 »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト