« 頻繁に学説が変わるのでホントかなぁ | トップページ | ネチネチとコリアンを苛める支那人 »

「自衛隊は出動しません」で通るのか?

2017年02月20日
(「自衛隊は出動しません」で通るのか?)

http://mainichi.jp/articles/20170220/ddm/007/030/083000c


・財政赤字で苦しむ米国が、原子力空母『カール・ビンソン』を南シナ海に巡行させてまでチャイナを牽制するのは、「米国のアジアプレゼンス」を守るためである。そんなことは百も承知だが、南シナ海は「日本のライフライン」でもある。


・原子力空母『カール・ビンソン』と言えども、チャイナの機雷に触れたり、チャイナ航空機からの魚雷の攻撃を受ければ爆沈する。その為、イージス駆逐艦隊が護衛しているのだろうが、こんな情勢下、稲田〔泣きべそ・串揚げ〕防衛相の言う「自衛隊は出動しません」で通るのだろうか?


・日本の海自は、「世界一」の掃海技術が有名だし、航空母艦が居るのなら、これも哨戒技術に長けた『P3C』哨戒機を派遣出来る。何か「姑息な商売っ気」でチャイナに遠慮しているのだろうが、トランプが「一番の同盟国」と言ってくれる割には、「何もしない日本」が其処に居る。私は「日米共同で、南シナ海を守る」のが本筋だと思っているが。


・GOOGLEニュースから、毎日新聞 の記事を以下。


・「【南シナ海  米の原子力空母が活動 中国をけん制】毎日新聞 2017年2月20日 東京朝刊」


・「【ワシントン会川晴之】米国防総省は18日、原子力空母『カール・ビンソン』やイージス駆逐艦を中心とする艦隊が南シナ海で哨戒活動を始めたと発表した。米海軍は『通常の作戦行動』と説明しているが、南シナ海の人工島の軍事基地化を進める中国をけん制する狙いがあると見られる」

・「カール・ビンソンは1月初めに米西部カリフォルニア州サンディエゴを出航し、ハワイとグアム沖などで訓練してきた。南シナ海に米空母が展開するのは、昨年7月に『ジョン・ステニス』『ロナルド・レーガン』の2隻が訓練のため派遣されて以来となる」・・・

« 頻繁に学説が変わるのでホントかなぁ | トップページ | ネチネチとコリアンを苛める支那人 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「自衛隊は出動しません」で通るのか?:

« 頻繁に学説が変わるのでホントかなぁ | トップページ | ネチネチとコリアンを苛める支那人 »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
フォト