« 始まった産経の[朝日新聞研究(2)] | トップページ | 『認知症を治す薬』はなぜ出来ないのか »

女刺客『くのいち隊』だと?:東京都議選

2017年02月28日
(女刺客『くのいち隊』だと?:東京都議選)


http://www.sankei.com/politics/news/170228/plt1702280010-n1.html


・民進党の蓮舫の「すり寄り」を邪険に振り払って、小池都知事はその勢いに任せて「70人規模の公認候補を擁立」し、「単独過半数(64議席)を目指す」らしい。勿論ベースは「小池氏主宰の政治塾:『希望の塾』」から選抜され、地域政党『都民ファーストの会』(小池新党)から立つという図式だ。


・国政と同じ、自公独占で無風状態が続いて来た首都・東京で、面白いことが起ころうとしている。


・産経ニュース・[東京都議選]から、記事を以下。


・「【“小池新党”都議選へ女刺客で下克上戦略 宿敵・都議会自民潰しで“ドン重臣”4人に照準】産経ニュース・[東京都議選] 2017.2.28 12:00」


・「東京都の小池百合子知事が、夏の都議選(6月23日告示、7月2日投開票)に向け、新たな一手を打ってきた。小池氏を支持する地域政党『都民ファーストの会』(小池新党)が十数人の女性候補を擁立し、宿敵・都議会自民党の重鎮などの選挙区に差し向けようとしているのだ。すでに都議会は戦国時代に突入しており、“女刺客”による下克上が始まりそうだ。(夕刊フジ)」


・「『かなりいい女性候補が集まってきた。民間企業など各分野で第一線で活躍してきた方などだ。都議会に新しい風を送り込むのにふさわしい候補者で、選挙が楽しみだ』」


・「小池新党の幹部は23日、夕刊フジの取材にこう答えた。次期都議選では小池新党の破壊力に注目が集まっているが、女性候補者の擁立は新たな話題を呼びそうだ」


・「別名『くのいち隊』は、基本的に小池氏が主宰する政治塾『希望の塾』から選抜されるが、具体的な候補者について、同幹部は『現在、調整中でもあり、候補名を公表できる段階ではない』と語った」


・「同塾の有力出馬候補としては、元テレビ朝日アナウンサーの龍円愛梨(りゅうえん・あいり)さん(39)や、港区議の榎本あゆみさん(33)、タレントのエド・はるみさん(52)の名前がメディアで取り沙汰されている」


・「能力と魅力にあふれた候補は他にもいる。タレントで会社を経営する若林利咲(りさ)さん(30)や、金融関係で働く中村彩さん(27)、美大講師の佐々木理加さん(40代)、教育コンサルタントの茜ヶ久保(あかねがくぼ)嘉代子さん(41)らだ」


・「前出の幹部は『具体的な選挙区は今、精査しているところだが、『4人組』など都議会自民党の重鎮がいる選挙区に重点的に送り込みたい』という戦略を明かした」


・「『4人組』とは『都議会のドン』こと内田茂都議に影響を受けた面々で、高島直樹都連幹事長(足立区)、川井重勇都議会議長(中野区)、高木啓都議会幹事長(北区)、崎山知尚都議会政調会長(荒川区)のこと」


・「これらの選挙区に“女刺客”が差し向けられれば、都民やメディアの注目が集まるのは必至といえる。小池氏は、都議選について『目標は高く、現実は着実にといったところかと思う』と語っている。同幹部は『単独過半数(64議席)を目指す』といい、小池新党として70人規模の公認候補を擁立する考えだ」・・・

« 始まった産経の[朝日新聞研究(2)] | トップページ | 『認知症を治す薬』はなぜ出来ないのか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女刺客『くのいち隊』だと?:東京都議選:

« 始まった産経の[朝日新聞研究(2)] | トップページ | 『認知症を治す薬』はなぜ出来ないのか »

最近のトラックバック

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ
フォト