« 支那人の団体客が前年の半分以下に | トップページ | 「戦う修道士」が来日する »

受動喫煙防止法案提出へ

2017年02月02日
(受動喫煙防止法案提出へ)


http://mainichi.jp/articles/20170131/k00/00m/040/123000c

・古いサラリーマン映画をテレビで観ると、ゾッとする。男性社員は上司に至るまで咥えタバコで煙を吐き続けている。そんな中で、お仕着せの制服を着た女子社員が黙々と働いている。私もヘビースモーカーだっただけに、今更「慚愧の念」に堪えない。


・私は罰(ばち)が中って、74歳の今も『4がん5バトル』の旅人だが、タバコを止められたのは58歳でレベルⅣの末期大腸がんに倒れての入院中だった。読者は信じられないだろうが、2000年の【愛知県がんセンター】には、病院内1階に立派な喫煙室まで在った。自身の出版本:【生還へのフォアボール】によれば、ようやく禁煙出来たのは「入院12日目」である。


・赤のマールボロを、1日80本~100本のチェインスモーカーだった私だが、不思議に「肺がん」の兆候は無かった。4がんとは、1.末期大腸がん、2.肝臓への多数個転移がん(8年後に肝臓裏側近く、膵臓付近の肝臓がん発見)、3.分化型胃がん、4.未分化型胃がんである。5バトルとは、1.の開腹切除手術、2.の肝動注による25回抗がん剤投与、8年後の2.の開腹切除(膵臓も)(3)、3.の内視鏡剥離手術(4)、4.の内視鏡剥離手術(5)である。


・今は、なるべく禁煙の店舗か、換気の良い店舗にしか行かない。特に女性の喫煙マナーは最低だ。殆ど吸わず「置きタバコ」しているからだ。「置きタバコ」に対しては、必ず「済みませんが」と声をかけ注意をしている。私はチェインスモーカーだったが、その名の通り「吸いかけたらタバコを手から離すな」の主義だったし、咥えタバコのような下品な真似はしたことはない。


・私はこの「受動喫煙防止法案」がザル法にならないことを祈っている。「自民党内でも小規模飲食店への配慮を求める声がある」そうだが、「断固禁煙にした方が、新しい客層が掴めるのになぁ」といつも思う。綺麗な空気でのコーヒーの香りは勿論のこと、酒にも個々独特の香りが在るからだ。


・GOOGLEニュースから、毎日新聞 の記事を以下。


・「【受動喫煙防止 飲食店は原則禁煙 3月に法案提出】毎日新聞 2017年1月31日 07時10分(最終更新 1月31日 07時10分)」


・「★健康増進法改正案による受動喫煙対策・・・他人のたばこの煙にさらされる受動喫煙対策を盛り込んだ健康増進法改正案の概要が、30日分かった。多くの人が使う場所を『敷地内禁煙』『屋内禁煙』『喫煙室設置可の屋内禁煙』と3段階で規制し、悪質な違反には過料を科す」


・「喫煙室には排煙性能などの基準を設け、自治体が適合性を判断する制度も盛り込む。政府は3月上旬に法案を提出する方針」


・「最も厳しい『敷地内禁煙』の対象は、未成年者や患者が利用する小中高校や医療機関。社会福祉施設、大学、官公庁、バス、タクシーなどは『屋内禁煙』とする」


・「飲食店やホテル内、駅・ビルの共用部分、鉄道の車内も屋内禁煙とするが、喫煙室の設置は認める。喫煙室は室内を密閉したり外部に煙を排出したりする設備などの基準を定める」


・「施設管理者には、喫煙禁止場所の位置の掲示、灰皿などの設置禁止などを義務付ける。違反には都道府県などが勧告・命令を出し、改まらなければ過料を科す。現行法は罰則なしの努力義務しかない」


・「厚生労働省は事業所内も規制対象にする考えだが、受動喫煙対策を事業主の努力義務とする労働安全衛生法が別にあるため、今後調整する」


・「受動喫煙対策の法制化は過去にも議員立法などの動きがあったが、実現していなかった。政府が本腰を入れる背景には、2020年東京五輪・パラリンピックを控え、国際オリンピック委員会(IOC)と世界保健機関(WHO)が『たばこのない五輪』を求めている事情がある」


・「04年以降の開催都市はすべて罰則を伴う防止策を導入しているため、厚労省が昨年10月に制度案を示し、これに沿って法案がまとめられた。ただし、飲食店やホテル旅館業界は一律の屋内禁煙に強く反対しているほか、自民党内でも小規模飲食店への配慮を求める声がある。【山田泰蔵】」・・・

« 支那人の団体客が前年の半分以下に | トップページ | 「戦う修道士」が来日する »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 受動喫煙防止法案提出へ:

« 支那人の団体客が前年の半分以下に | トップページ | 「戦う修道士」が来日する »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト