« ネチネチとコリアンを苛める支那人 | トップページ | 『2030年』と『2030年代』では »

訪日患者の医療費踏み倒し

2017年02月20日
(訪日患者の医療費踏み倒し)


http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e3%80%90%e3%83%aa%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0%e3%80%91%e8%a8%b1%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%ac%e8%a8%aa%e6%97%a5%e6%82%a3%e8%80%85%e3%81%ae%e5%8c%bb%e7%99%82%e8%b2%bb%e8%b8%8f%e3%81%bf%e5%80%92%e3%81%97-%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab%e6%8b%a1%e5%a4%a7%e5%89%8d%e3%81%ab%e5%85%88%e6%89%8b%e3%82%92/ar-AAn7ksS


・ははん?この記事に触れて、今私がアッタマ来ている【愛知県がんセンター】の「木で鼻を括ったような」事務対応が分かった。ことはすっとぼけた区役所(国民健康保険高額医療費申請)からの「昨年8月、愛知県がんセンター5638円の領収書を付けて申請すれば、返済する」という有難い話。


・ところが「確定申告前」なので領収書が未整理。【愛知県がんセンター】に電話すると、「先ず、領収証明願」を出せと言う。「じゃ用紙を送ってくれ」と言ったら「大阪のご住所でいいですね」「はいはい」


・ところが待てど暮らせどその「領収証明願」が来ない。1週間が過ぎたので9日目に電話すると、「発送事務手続きが云々」と言い訳する。「単に忘れちまっただけだろ?怒らないからまた送って」と大人の対応。


・名古屋~大阪なのに3日後に着便。「ま、米原辺りの雪のせいか?」と怒りもせずに書類を見ると、説明書きの方に、1.手数料1020円を現金書留で送れ。2.82円の切手は自己負担と、「遅くなりました」の走り書きも無く、居丈高の態度にプッツン!


・どうせ明日21日(火)と、明後日22日(水)は【愛知県がんセンター】への出頭日だから、早めに到着するようにして、会計窓口の小娘共を、やり込めてやらぁず!もう17年も通っているから、事務が「情無し」になっているのが肌身で分かる。


・以前は、「あ、今月来院予定ですね。会計はその折で結構ですよ」と言っていた同じ病院が、「ハリネズミ」みたいになったのは、こういう「踏み倒し外国人」らで酷い目に遭っているんだ?


・MSNニュースから、産経新聞の記事を以下。


・「【[リレーコラム]許されぬ訪日患者の医療費踏み倒し トラブル拡大前に先手を】産経新聞 2017/02/20」


・「昨年、初めて2千万人を突破した訪日外国人観光客数。政府が目指す『東京五輪が開かれる平成32年に4千万人』という目標に向け着々と歩みを進めているように見えるが、その一方で、外国人観光客が医療費を踏み倒す問題が隠れた課題となっている」


・「★『食い逃げは逮捕されて、医療費の未納は許されるのか』・・・先日、りんくう総合医療センター(泉佐野市)を取材した際、ある担当者が漏らした切実な声だ。西日本の玄関口・関西国際空港にほど近く、外国人観光客の患者が多いため、未収金のトラブルとは隣り合わせなのだという」


・「大半は急患だが、未納となる人は旅行保険に加入しておらず、クレジットカードを持っていないことが多い。膨大な医療費をその場で支払えないため、帰国されてしまうと、そのまま連絡が途絶えるケースもあるそうだ」


・「また、海外では日本と違い、患者へ事前に治療費を明示する国が多い。治療前に十分なコミュニケーションができていないと、『ここまで治せとはいっていない』と難癖をつける人も出てきかねないという」


・「同センターでは、外国人観光客との間で医療費をめぐるトラブルを経験して以降、独自の未収金防止マニュアルを作成。医療に特化した通訳を配置し、事前に医療費を明示して治療法も細かく説明、カード払いを原則として、頭金をもらうなど、先進的な対策をしてきたが、問題はなくならない。医療費を全額返済してもらっても、レートの変動でマイナスになる事例もあるという」


・「国土交通省近畿運輸局が昨年、医療通訳が24時間体制で待機するコールセンターの試験運用などの実証事業を全国で初めて府内で実施するなど、国も手をこまぬいているわけではないが、『外国人対応が可能な医療機関の多い大阪や東京はまだいい」


・「『今後はノウハウのない地方で問題化しかねない』と指摘する専門家もいる。各地でトラブルが大きく表面化する前に、国の支援のもと、各自治体も先手を打つ必要があるのではないだろうか。(所轄担当 桑村朋)」・・・

« ネチネチとコリアンを苛める支那人 | トップページ | 『2030年』と『2030年代』では »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 訪日患者の医療費踏み倒し:

« ネチネチとコリアンを苛める支那人 | トップページ | 『2030年』と『2030年代』では »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト