« 始まった産経の[朝日新聞研究(1)] | トップページ | 怖いもの見たさ?:北朝鮮旅行者急増 »

両陛下頑張る!ベトナム・タイご訪問

2017年02月27日
(両陛下頑張る!ベトナム・タイご訪問)


http://www.sankei.com/life/news/170227/lif1702270032-n1.html


・島から腐臭が立ち上り、近海まで漂っていたという日米最大の激戦地=「プレリュー島」の慰問を果たされたことで天皇陛下の積年の胸のつかえが降り、今回の「譲位発言」になったと確信していたが、陛下には未だ「心残り」がおありだったのだ。


・タイ訪問は、故プミポン国王への弔問だろうが、ベトナムは違う。フランスからの独立には、「残留元日本兵・約600人」がホー・チ・ミン軍の戦闘指揮にあたっていたのだ。その家族の慰問が、陛下の「心残り」を少しでも晴らせればいいのだが。


・実はインドネシアには、同様にオランダからの独立でスカルノとハッタ軍の戦闘指揮にあたった「残留元日本兵・数千人」が居た。インドネシア「残留元日本兵・数千人」の家族への慰問は、平成31年からの次代天皇(現・皇太子殿下)と雅子妃の仕事となろう。


・産経ニュースから、記事を以下。


・「【天皇、皇后両陛下 28日からベトナム・タイご訪問 残留元日本兵の家族『義に生きた父誇り』】産経ニュース 2017.2.27 11:14」


・「天皇、皇后両陛下が28日から6泊7日の日程でベトナム、タイを訪問される。ベトナムでは先の大戦後も現地に残った『残留元日本兵』の家族と面会されることになっており、残留元日本兵の息子である仙台市青葉区の写真家、猪狩正男さん(60)はそれを心待ちにしている。2つの祖国の間で父の足跡と自らのルーツを追い求めてきた猪狩さんは、今回のご訪問を亡き父に報告し、日越友好が進むことを願っている。(伊藤弘一郎)」


・「猪狩さんは2歳のとき、父の和正さん、ベトナム人の母とともに同国から帰国した。和正さんは現地でのことをあまり語らなかったが、テレビでベトナム戦争の映像が流れた際、戦車を指し『あの中に俺の生徒がいる』とつぶやいたことが記憶に残り続けていた」


・「帰国から20年余りが過ぎた昭和56年、肝硬変で入院した和正さんを見舞った際、猪狩さんは初めて父の足跡を聞いた」


・「★ベトミンに協力・・・和正さんは先の大戦で陸軍少尉、中尉として従軍し、フィリピンやインドネシアを転戦。ベトナムで終戦を迎えて間もなく、ベトナム独立同盟(ベトミン)から協力を求められた。『ベトナムにも新しい時代が来る。時代を切り開くのに自分の力をぶつけたい』。そう考え、求めに応じたという」


・「和正さんは士官学校の教官として、銃の扱いとともに、『源平の戦い』『川中島の戦い』など日本の合戦を例示しながら戦いの手法を教え、フランスとの第1次インドシナ戦争中、8期生まで兵士を育てた。各地に散った卒業生は後のベトナム戦争を戦った。歯科医免許を持っていたため、医学教育にも当たった」


・「和正さんが現地で結婚した後の1954年、残留元日本兵の帰国が許可された。だが、家族を伴うことは許されなかったため残留。帰国する同僚に、故郷の父への歌を託した。《今さらに何をか言わん遅桜 故郷の風に散るぞうれしき》」


・「『『今は何を言っても遅いが、故郷に戻りたい』という望郷の思いを歌にした。日本兵が協力していたことは当時は極秘。理由を書けば検閲にひっかかる。それでも、故郷を忘れていないということを伝えたかった』。和正さんはそう話したという。5年後に家族の同伴が認められて帰国した後は、和正さんがベトナムの地を踏むことはなかった。『病気が治ったら、また行きたい』。病床でそう話した和正さんは、間もなく亡くなった」


・「★『心震える喜び』・・・『父が生き、自分のルーツでもあるベトナムを撮りたい』。猪狩さんは写真家の道を進み、91年、ベトナムで個展を開いた。ある日突然、ベトナム建国の父、ホー・チ・ミンの側近だった軍最高司令官、ボー・グエン・ザップ将軍が個展会場に現れた」


・「『日本軍を(ベトミンに)入れたのは自分だ。ファンライ(和正さんのベトナム名)の息子に会いたかった』。将軍はそう言って写真を見て回った。3年後、ベトナムでの功績が認められ、和正さんに勲章が贈られた」


・「勲章以上に猪狩さんが誇りに思うのは、常に人のために尽くす父の人柄だった。和正さんは材料不足を補うため、現地の竹で作った入れ歯を考案。ベトナム国内で広まったことを和正さんの死後に知った。故郷の福島県三春町の竹で、和正さんがいろいろな竹細工を作っていた記憶と重なった」


・「帰国後、歯科医として働いた和正さんは『貧乏人から金は取れない』と無料で治療したこともある。猪狩さんは言う。『人との関わりを大切にする姿勢は変わらなかった。父の誇りでもあり、私の誇りでもあります』」


・「両陛下がベトナムで残留元日本兵家族と面会されることを知り、猪狩さんは『心が震えるような喜び』を感じた。『父は時代と時代の流れに揺れながら決断し、国、イデオロギーを超えて懸命に生き抜いた。両陛下のご訪問には涙を流し、私以上に喜んでくれると確信しています』」・・・


◇ベトナム残留元日本兵=1940年に当時フランス領だったベトナムに進駐した日本軍は45年3月、ベトナムを事実上、軍政下に置いた。だが、同年8月の敗戦により、多くの日本兵は日本へ帰国した。一方、一部は現地にとどまり、約600人がホー・チ・ミンらが率いるベトナム独立同盟(ベトミン)に参加。再統治を狙うフランスとの第1次インドシナ戦争に加わった。「ディエンビエンフーの戦い」で敗れたフランスは54年7月にジュネーブ協定を締結。元日本兵はその後、順次、日本に帰国したとされる。

« 始まった産経の[朝日新聞研究(1)] | トップページ | 怖いもの見たさ?:北朝鮮旅行者急増 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

常勝将軍ヴォー・グエン・ザップ
ヴェトナムの大英雄!!懐かしい名前ですね、

藤城孝久さま、

コメント、有難うございました。そう言えば貴兄は、ベトナムとの深い繋がりがありましたね。ベトナムの子供らとの懐かしい写真を思い出します。(WIN10への半強制移行で消えてしまいましたが)

安倍ちゃんでは軽いです。やっぱりこうした慰問には皇室が動かないと。でも何故、引退を決意された
天皇陛下が動かなければならないのか?皇太子妃:雅子さんと、お子の愛子さんの具合が気にかかるところです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 両陛下頑張る!ベトナム・タイご訪問:

« 始まった産経の[朝日新聞研究(1)] | トップページ | 怖いもの見たさ?:北朝鮮旅行者急増 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト