« 医療用大麻、容認広がる | トップページ | コリア軍のベトナムでの蛮行 »

ここで怒らなきゃ。いつ怒る?:安倍ちゃん

2017年01月20日
(ここで怒らなきゃ。いつ怒る?:安倍ちゃん)


http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e5%b0%91%e5%a5%b3%e5%83%8f%e5%95%8f%e9%a1%8c%e3%80%8c%e9%a6%96%e7%9b%b8%e3%82%89%e3%80%81%e6%80%92%e3%82%8a%e5%8b%9f%e3%82%89%e3%81%9b%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e3%80%8d-%e5%a4%96%e5%8b%99%e7%9c%81%e9%96%a2%e4%bf%82%e8%80%85/ar-AAm1cve


・私は戦後でも長い長い自民党政治の中で、「サウスコリアを異常なほど支援・援助する見返り」に。多くの議員が莫大な『キックバック』に与って来たと見ている。馬鹿ではあるまいし、日本から一方通行でサウスコリアを助けて来たとも思えないからだ。その悪弊は、当時の岸首相の時代から囁き続けられていた。


・孫の安倍ちゃんは、毅然とした態度で臨まなければならない。今の日本は、サウスコリアなどの国が消え去ろうと、痛くも痒くもなく、清々するのではないか?『北』の侵攻により、朝鮮半島は「核武装化」されるが、昨日再投稿した『超高速・レールガン』の開発と、極秘の『核ミサイル』開発を、ダブルで推し進めれば、今のクソ憲法が縛っている「専守防衛」も全う出来る。少なくとも朝鮮半島は怖くない。


・ならば、「古代朝鮮」に戻ってしまったサウスコリアと、この先国交を維持する意味は無い。在日の日本帰化を促進させ、拒む者が居れば、トランプじゃないが、強制送還すれば良い。国と国の条約、国と国の合意すら守れない国は、もう「国家でも何でも無い」のだから、大使・公使を戻す必要も無く、大使館・公使館にも火をかけて、職員も皆、帰国させるべきである。正に「国交断絶」である。当然、日本人のサウスコリアへの渡航は、厳禁すべきである。(アホの韓流ファンな婆さんらよ、ザマミサラセ!)


・MSNニュースから、朝日新聞デジタル の記事を以下。


・「【少女像問題『首相ら、怒り募らせている』 外務省関係者】朝日新聞デジタル 2017/01/19」


・「韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦を象徴する『少女像』が設置された問題で、安倍晋三首相は19日、首相官邸で岸田文雄外相と対応を協議した」


・「対抗措置として一時帰国中の長嶺安政・駐韓大使らの帰任は当面見送ると確認。日本側が求めている像の撤去について韓国政府の動きが鈍いまま、事態は長期化の様相を強めている」


・「日本政府関係者によると、首相と岸田氏は『韓国側の姿勢に変化はなく、日本側がいま動く必然性はない』との意見で一致した。菅義偉官房長官は19日の記者会見で『(大使の帰任時期は)諸般の状況などを見ながら判断していきたい』と述べた」


・「日本政府は、韓国政府が釜山の少女像撤去に取り組まないのは、2015年末の慰安婦問題に関する日韓合意の精神に反するとの立場。外交関係に関するウィーン条約で守られている領事機関の威厳も侵害されているとしている」


・「事態に変化が見られず、日本側は『首相を含め、怒りを募らせている』(外務省関係者)。さらに韓国の地方議員が竹島(韓国名・独島〈トクト〉)への少女像設置に向けた募金運動を始め、状況は厳しさを増している」


・「9日に一時帰国した大使らの帰任時期は、12年8月に李明博(イミョンバク)大統領(当時)の竹島上陸への対抗措置として当時の駐韓大使が一時帰国した13日間を超える可能性も出てきた」


・「外務省によると、次席公使が大使の臨時代理を務めており、邦人保護を含む実務的な業務に影響はないとしている。だが事態打開の見通しは立たず、政府関係者は『いいアイデアがあったら教えてほしい』と漏らす。(武田肇)」・・・

« 医療用大麻、容認広がる | トップページ | コリア軍のベトナムでの蛮行 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ここで怒らなきゃ。いつ怒る?:安倍ちゃん:

« 医療用大麻、容認広がる | トップページ | コリア軍のベトナムでの蛮行 »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ
フォト