« アベノミクスとは、安倍ちゃんの外交手腕? | トップページ | 米にはアホが多い:デーブ・スペクター »

私は白鵬の全休を支持する

2016年11月13日
(私は白鵬の全休を支持する)


http://news.livedoor.com/topics/detail/12272995/


・私は小学校5年生で『大相撲横綱』を丸暗記した。初代:明石志賀之助、2代:綾川五郎次、3代:丸山権太左衛門、4代:谷風梶之助、5代:小野川喜三郎・・・と言うようにである。九九を覚えるのとオンナジで、幼い脳みそにはドンドン刻まれて行った。


・別に私が「才長けて」いた訳ではない。八百屋のショー坊もミシン屋のヨシオ君もみんな覚えていた。通学の途中で諳んじた名前を確認しあっていたものだ。スポーツは「相撲」と「野球」しか無い時代だったので、当然だった。


・それにしても「横綱の全休」は、アタリマエダの時代だった。「もう上が無い」「休むか辞めるかしか無い」立場だから、我らは子供心にも「横綱の全休」には寛大ってってか、そういうものだ!という「常識」を備えていた。だからこの記事の、「横綱白鵬が知ってしまった“休場の味”」ってのは嫌いだ。「2020東京五輪まで横綱で居たい」という彼の思いは崇高だ。


・世界中から集まる五輪フアンに、「大相撲を見せたい、しかも自分が横綱で!」という白鵬の思いを、日本人力士は見倣うべきではないのか?「どんどん休め白鵬、そして2020東京五輪の年まで、その雄姿を保て!」と、私は言いたい。


・ライブドアトピックスから、日刊ゲンダイDIGITAL の記事を以下。


・「【笑顔で復帰宣言も…横綱白鵬が知ってしまった“休場の味”】日刊ゲンダイDIGITAL 2016年11月12日 10時26分」


・「綱とりを目指す大関豪栄道(30)は『もう一場所休んでもらっても良かったのに』と言いたい気分ではないか。13日に初日を迎える大相撲11月場所で、横綱白鵬(31)が復帰宣言」


・「『(仕上がりは)9割というところ。勝負勘、相撲勘というのがあるから、その辺だけ、しっかり認識してやっていきたい』と笑顔を見せた」


・「先場所は、以前から痛めていた右足親指の影響で、横綱として初の全休。患部の骨片除去手術を行い、さらに休養十分とあって好調をアピールした。しかし、気になるのが今後だ。右足親指をかばった影響で、右足首の関節炎、左膝のタナ障害と立て続けに負傷」


・「白鵬は07年に横綱に昇進してから先場所までの9年間で全休はゼロ。過去、これほど頑丈だった横綱は一人もいない。中でも、58年に現在の年6場所制になってからは横綱の休場は珍しくなくなった。それだけに白鵬の無休は偉業に違いないとはいえ、長年のダメージが蓄積しているのもまた事実だ」


・「『先場所全休したことで、今場所は肉体的にはもちろん、精神的にも楽になれたはずです。常に優勝を求められる横綱は、重圧も並の力士の比ではありませんからね。休場の味を知った以上、今後も定期的に全休を取るようになってもおかしくない。白鵬は常々『20年東京五輪まで現役で』と言っているだけに、なおさら細く長くを選ぶのではないか』(ある親方)」


・「その意味では、ようやく『並の横綱』になりつつある白鵬。それでも日本人力士が簡単に越えられる壁ではない」・・・

« アベノミクスとは、安倍ちゃんの外交手腕? | トップページ | 米にはアホが多い:デーブ・スペクター »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私は白鵬の全休を支持する:

« アベノミクスとは、安倍ちゃんの外交手腕? | トップページ | 米にはアホが多い:デーブ・スペクター »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト