« リムパックにチャイナを入れた米国が馬鹿 | トップページ | 日本の「危ういミサイル防衛システム」 »

この教育界にして、この学生あり

2016年10月16日
(この教育界にして、この学生あり)


http://www.sankei.com/premium/news/161016/prm1610160021-n1.html


・「何故か『政界のワル』は早稲田出身が多いと思いません?」・・・広島の、1.白血病を乗り越え、2.今また前立腺がんを乗り越えようとしている私の先輩が早稲田だもんだから、遠慮なしにからかう。未だ「かけ放題」の長電話は無いが、「お前なぁ、最近は慶應の方が悪質だぜ!」と、近々必ず長電話が有るだろうと覚悟している。


・元『文春』のデスクで、あの勝谷誠彦氏の上司だった花田紀凱氏が、1.日教組委員長のW不倫と、2.慶應学生の集団強姦事件を捉え、「ニッキョーソの居直り」と「この教育界にして、この学生あり」と嘆いている。慶應の学生は、その「集団暴行」のシーンを写真に撮り、『文春の記者』に見せて、売りつけようとした程悪質なのだ。


・産経ニュース・[花田紀凱の週刊誌ウォッチング〈587〉]から、記事を以下。


・「【『女性と夕食後、ラブホへ 公費で豪遊+ダブル不倫』日教組委員長を新潮が直撃すると…】産経ニュース・[花田紀凱の週刊誌ウォッチング〈587〉] 2016.10.16 09:00」


・「不倫密会なんて、芸能人なら“職業病”みたいなもので、ま、どうでもいいが、これは許し難い。『週刊新潮』(10月20日号)のスクープ『色と欲『日教組委員長』のお好きな『池袋ラブホテル』』」


・「リードからして皮肉たっぷりだ。〈教師を束ねる日本教職員組合の親玉が、夜な夜な豪遊し、ダブル不倫の相手とホテルにしけ込んでいるとしたら、言葉もない。まさか日教組お得意の性教育の模範のおつもりか〉」


・「問題の人物は日教組の岡本泰良(やすなが)委員長。某日午後6時前、一ツ橋の日本教育会館でタクシーを拾って池袋へ。ホルモン専門店で〈女性と2人で、2時間ほど食事〉。その後、ラブホテルへ。〈なぜか岡本委員長は正面左から、女性は右から入った〉」


・「午前0時20分退出。タクシーで女性を都内の自宅まで送り届けた。〈ちなみに支払いは日教組名義のタクシーチケットである〉。グラビアも含め写真も数点掲載されているのだから、申し開きできまい」


・「岡本委員長、この女性の勤める赤坂のクラブで月に100万円も使っているという。むろん“公費”。『新潮』記者が岡本委員長を直撃すると、〈「うん、知らない、知らない、俺、知らないよ」〉。日教組の丹野久広報部長も、〈「質問に対して回答する必要はないと判断しました」〉」


・「許し難いといえば『週刊文春』(10月20日号)と『新潮』が競合となった慶大生の集団強姦事件もまた。『『ミス慶應』中止 1年生女子『集団強姦』』(文春)」『『慶大女子学生』テキーラ陵辱を握りつぶした慶大』(『新潮』)」


・「『文春』が取材した広告学研究会所属の慶大生、強姦シーンを撮影した写真を記者に見せながら、こう言ったという。〈「写真見ます? マジ、ヤバイっすよ。芸術作品っすよ」「これ、いくらで買いますか?」「買うなら今!」〉 この教育界にして、この学生あり。(月刊『Hanada』編集長)」・・・

« リムパックにチャイナを入れた米国が馬鹿 | トップページ | 日本の「危ういミサイル防衛システム」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この教育界にして、この学生あり:

« リムパックにチャイナを入れた米国が馬鹿 | トップページ | 日本の「危ういミサイル防衛システム」 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト