« 介護保険料:「総報酬割り」導入へ | トップページ | 米が日本を『監視対象』に »

サムスンも断末魔か?:米で機内持ち込み禁止

2016年10月15日
(サムスンも断末魔か?:米で機内持ち込み禁止)


http://www.sankei.com/world/news/161015/wor1610150009-n1.html


・もうサムスンの最新スマホ『ギャラクシーノート7』ってのは、「危険物」であり「爆発物」と同じ扱いになった。1.機内持ち込み禁止、2.それでも持ち込もうとすれば没収のうえ罰金、3.荷物に預けたら、重大事故につながる危険性が高まるため、刑事罰に問われる・・・正に「爆発物」と同じだ。


・スマホはユーザーにとって、1.通信機だけでなく、2.電話帳、3.住所録、4.備忘録・・・昔風に言えば「秘書」とオンナジ役目をしている。ユーザーの頭脳中枢を預けているような「相棒」なのである。それが「危険物」・「爆発物」となったらもう、お終いだなぁ。サウスコリアの経済発展を牽引して来たサムスン財閥も、これで断末魔か?


・産経ニュース・[サムスン欠陥スマホ]から、記事を以下。


・「【米、ノート7の航空機内持ち込みを禁止 発火問題で緊急命令、刑事罰も】産経ニュース・[サムスン欠陥スマホ] 2016.10.15 09:29」


・「【ワシントン=小雲規生】米運輸省は14日、韓国サムスン電子の新型スマートフォン『ギャラクシーノート7』で発煙・発火事故が相次いでいることを受け、米国内で発着する航空機へのノート7の持ち込みや、預け入れ荷物にノート7を入れることを禁止する緊急命令を発表した。15日正午(日本時間16日午前1時)から実施する」


・「フォックス長官は14日の声明で『飛行中の機内で1件でも出火が起きれば、乗客が重傷を負う高いリスクがあり、さらには多くの人命を危険にさらす』と緊急命令の理由を説明した」


・「緊急命令は米国に向かう便、米国から出発する便、米国内を移動する便のすべてでノート7の持ち込みなどを禁止。乗客がノート7を持ち込もうとした場合は没収のうえ罰金が課される。また乗客が荷物にノート7を入れて預けた場合は、重大事故につながる危険性が高まるため、刑事罰に問われる可能性もある」


・「ノート7は8月に米国や韓国など約10カ国で発売された直後からバッテリーから発煙、出火するなどの報告が相次いでいた。サムスンは9月、すでに出荷されていた約250万台のリコール(回収・無償修理)を発表。しかし代替品として交換した製品でも事故が起き、サムスンは今月11日にノート7の生産・販売停止を発表した」


・「米消費者製品安全委員会(CPSC)は米国内で190万台が回収の対象になっているとしている。日本ではノート7は発売されていない」・・・

« 介護保険料:「総報酬割り」導入へ | トップページ | 米が日本を『監視対象』に »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サムスンも断末魔か?:米で機内持ち込み禁止:

« 介護保険料:「総報酬割り」導入へ | トップページ | 米が日本を『監視対象』に »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト