« 何が「福岡県政界のドン」なもんか、こんな小者! | トップページ | 何の国益が有るのか?:日韓通貨スワップ再開 »

直感で「大阪だな?」:虐待地獄

2016年10月11日
(直感で「大阪だな?」:虐待地獄)


http://www.sankei.com/west/news/161010/wst1610100002-n1.html


・私は大阪市民で、税金も納めているが「他郷人」である。しっかしま毎回のことだが、「残忍な記事のタイトル」から、「大阪だな?」と直感的に思ってしまう。勿論外れた場合はホッとしているが、この残忍な事件なんざ、ストレートに当たってしまった感じだ。


・何度も書くが、私は28歳・29歳と大阪に居た。住処は「寝に帰る」だけだったから、仕事も酒を呑むのも、御堂筋を中心にキタかミナミかだったので、「大阪人の無教養」「大阪人の凶暴さ」に触れることは無かった。新聞は毎日読んでいたが、「大阪人の無教養」「大阪人の凶暴さ」を感じる記事は無く、逆に「商都・大阪」と「大阪人の商才・才気」を愛し尊敬もしていたものだ。


・「残忍な記事のタイトル」から、「大阪だな?」と直感的に思ってしまうのは、大阪人が「日本の商都・台所」だという誇りを忘れてしまった?、変わってしまったのか?とさえ思う。毎日のようにアチコチで聞こえるオッサンの口汚い罵声は、私の若い頃は映画【悪名】の河内弁だった。


・特に目立つのが、私が勝手に『大阪名物・デブス』よ呼んでいる、「異様に太って分厚く、首がめり込んでいる若いママ」である。デブでブスで無表情で、連れている子供にやたら大声で命令調に喚き散らす。一様にタバコを吸い、煙を子供に吹きかけている。十分「児童虐待」のベースは整っている。


・女が若気の至りで若くして子供を産む。やがて別れて、別の男が転がり込む。雄雌で考えれば、他の雄との間に出来た子は、新しい雄にとっては「今の雌への嫉妬の象徴」になってしまう。動物の世界は偉い。新しい雄に媚びて、一緒になって前の雄との子を苛めたりしないし、動物は早い時期に「親離れ」して行く。


・人間の「怨恨・マイナス波動」は不滅と言われる。未だに「天神さん」が祀られ、菅原道真公の「怨恨・マイナス波動」を鎮めようと躍起である。この哀れな子は鬼神となり、この母親と男に祟ってやればいいのだ。こんな残虐非道な連中が、長生きするとは思えない。


・産経ニュース・[衝撃事件の核心]から、記事を以下。


・「【顔面火あぶり、監禁、踏みつけ…『邪魔な存在』3歳児を不条理な死に追いやった虐待地獄 救える命救う仕組みを】産経ニュース・[衝撃事件の核心] 2016.10.10 11:00」


・「顔をライターであぶり、浴槽で後頭部を踏みつける-。堺市堺区のマンションで昨年6月、当時3歳の男児が意識不明となり死亡した事件。傷害致死など3つの罪で起訴された両親が、男児に対して日常的に激しい暴行を加えていた実態が明らかになった」


・「『養育が困難』として一時は児童相談所(児相)に預けた男児を自らの意思で引き取ったにもかかわらず、『邪魔な存在』と疎んじて凄惨(せいさん)な虐待を繰り返した末、死亡させるというショッキングな内容に、社会は震撼(しんかん)した」


・「明らかに『子育てをしてはいけない親』をどう見抜き、子供を守るべきなのか。事件から教訓をくみ取り、社会全体で救える命を救う制度を整える必要がある」


・「★『いつの傷か記憶ない』・・・『何度もたばこを押しつけたり、ライターであぶってやけどを負わせた。これまで何度もやったので、どれがいつの傷かは記憶がありません』 長男の常峰英智(つねみね・えいち)ちゃんの顔や腕など12カ所に全治1カ月のやけどを負わせたとして今年9月、傷害容疑で大阪府警に再逮捕された養父のアルバイト、常峰渉(わたる)被告(32)は、こう供述した」


・「英智ちゃんは昨年6月15日未明、自宅マンションの浴槽から心肺停止の状態で緊急搬送され、3日後に死亡した。司法解剖の結果、死因は低酸素虚血性脳症で、全身にはやけどを含む30カ所以上の傷があった」


・「府警は今年7月、英智ちゃんを浴室に閉じ込めたとする監禁容疑で、渉被告と実母の美香被告(23)を逮捕。翌8月、浴槽で英智ちゃんの後頭部を足で踏んで水没させ殺害したとして殺人容疑で両被告を再逮捕したが、殺意の立証には至らず、傷害致死罪で追起訴された。その後、罪自体は軽い傷害容疑で9月に再逮捕するという異例の展開をたどったのだ」


・「3歳男児に対して日常的に激しい暴行を加えていた養父と実母。ときには顔面をライターであぶり、浴槽で後頭部を踏みつけていた。2人は傷害致死など3つの罪で起訴されたが、救える命を救う仕組み作りが求められている」


・「府警は、わが子の顔をライターであぶるという信じがたい行為の悪質性を際立たせるため、2人の立件に踏み切ったとみられる。英智ちゃんの死への関与はかたくなに否定していた美香被告も、傷害容疑については『頬にライターを使ってやけどをさせた』などと素直に認めた」


・「両被告はその後、傷害罪でも起訴された。『なんで子供にこんなことができるのか。思い出すだけで夜も寝られない』。ある捜査員は、怒りで声を震わせた」・・・


・「★複雑な環境環境・・・府警によると、渉被告は英智ちゃんについて『邪魔な存在だった』と供述。美香被告も『どうでもいい存在だった』と、自分の腹を痛めて産んだとは思えない発言をしていた」


・「こうした伏線ともいえるのが、美香被告の連れ子だった英智ちゃんをめぐる複雑な生育環境だ。英智ちゃんは平成24年7月、美香被告の親族が『堺市子ども相談所』(児相)に『養育が困難』と相談したのを受けて、生後約3カ月で児童福祉施設に入所。その後に美香被告は渉被告と結婚し、1年後の25年7月に『(英智ちゃんを)引き取って育てたい』と児相に申し出た」


・「面接などを重ねて昨年3月下旬、英智ちゃんは両親と一緒に生活するようになったが、1カ月後の4月下旬、英智ちゃんが通う保育園から『顔にひっかき傷やあざがある』と通報があり、児相は再び英智ちゃんを保護した」


・「だが、2人は強硬に虐待を否定。医師も両親の説明と傷に矛盾はないと判断したため、5月中旬に英智ちゃんを自宅に戻していた。虐待はこの直後からエスカレートしたとみられ、事件の約2週間前の6月初旬には『やけどの痕がある』と再び通報があった。児相職員が家庭訪問したが、2人は『自分で壁に頭をぶつけたり、遊具から落ちたりした』と主張。やけどについても『料理中にてんぷら油がはねて当たった』と説明した」


・「★周囲に『子煩悩』装う・・・ただ府警によると、事件直前の6月6日以降、自宅マンション近くの防犯カメラには英智ちゃんの姿は一切写っておらず、自宅で監禁状態だった可能性がある。両被告はこの間、2人の実子である長女(3)と3人で食事に出かけていたこともあった」


・「一方で英智ちゃんの死亡後、2人は周囲に対し、自分たちは『ぬれぎぬを着せられた子煩悩な被害者』だと訴えていた。逮捕前の今年1月、産経新聞の取材に応じた美香被告は、『保護される度に英智はパパ(渉被告)と距離を感じてしまい、なつくのに時間がかかった。児童相談所に『虐待はなかった』と書面で回答してくれとお願いしたが、聞いてもらえなかった』と、児相への不満をあらわにした」


・「さらに、英智ちゃんが買ったばかりの服を着てポーズをとっている写真が掲載された子供服店のブログがあると明かし、『妹(長女)の分も合わせて40着ぐらい買い、8万~9万円かかった。かわいがるつもりがないなら、わざわざ施設から子供を引き取ったりしない』とアピール。渉被告も『血がつながっていないから虐待を疑われるのは偏見だ』と語気を強めた」


・「★児相の仕組み改善を・・・事件をめぐっては、保育園から児相に通報が複数回寄せられ、何度も児相職員が英智ちゃんや両親に接触していたことから、児相が『救える命を救えなかった』と批判を浴びた。堺市は『子ども虐待検証部会』を開き、再発防止に向けた検証を始めている」


・「2人が英智ちゃんと一緒に暮らしていたのは計2カ月間に過ぎない。府警幹部は『保護されたときにそのまま施設に預けておけば、命は守られたはず。育てる気がないのに、なぜわざわざ自ら英智ちゃんを引き取ったのか』と首をかしげる」


・「一方、児童虐待問題に取り組む関係者は『虐待をする親が執拗(しつよう)に子供を自分の手元に置こうとするのは、決して珍しい行為ではない』と明かす。『子を虐待する親は精神的に不安定で、親という役割を実感することで心の安定を図ろうとする人もいる。子供を児相に保護されると『親失格』の烙印(らくいん)を押されたように感じ、強く反発してしまう』」


・「関係者はこう解説し、『児相は保護解除後も家庭訪問だけでなく、子育ての様子を長時間観察し、間違っていることを細かく丁寧に教えてあげるなどの手厚いアフターケアをする必要がある』と訴える」


・「児相の所長経験もあるNPO法人『児童虐待防止協会』(大阪市)の津崎哲郎理事長は『日本では児相が子供の保護と親の指導という両方の役割を担っているが、アメリカでは行政と裁判所でその役割が分担されている』と、日本の児相が抱える制度的な問題を指摘」


・「『子供を保護すれば親から反発される可能性は高く、この2つの役割を両立させるのは難しい。制度の改正を社会全体で本格的に議論する必要がある』と話している」・・・

« 何が「福岡県政界のドン」なもんか、こんな小者! | トップページ | 何の国益が有るのか?:日韓通貨スワップ再開 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 直感で「大阪だな?」:虐待地獄:

« 何が「福岡県政界のドン」なもんか、こんな小者! | トップページ | 何の国益が有るのか?:日韓通貨スワップ再開 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト