« 騒ぐことでは無い!:チャイナ行方不明50万人/年 | トップページ | やられっ放しは馬鹿の国 »

タイのプミポン国王、13日に崩御

2016年10月13日
(タイのプミポン国王、13日に崩御)


http://www.sankei.com/world/news/161013/wor1610130049-n1.html


・先に言っておかなければならないが、正装とは「大礼服」、庶民では「モーニング姿」であり、略装でも「上は黒服」「下は縞ズボン=モーニングズボン」である。勿論ネクタイは「縞」である。


・では「上も下も黒」、「ネクタイは白か黒」で、1.お祝いの席も、2.葬祭の席も 可能にしたのは「日本のファッション業界の創作」である。「上も下も黒」はマフィアファッションで、因みに台湾で白ネクタイは葬祭用、半島ではお祝いは赤ネクタイである。


・だから日本の企業の役職が、常時ロッカーに「上も下も黒」服をセットすると同時に、黒靴下とネクタイも白と黒を常備しているのは、いかにも日本的「機動力」だと言って良い。


・タイのプミポン国王(88)が崩御された。親日家であったし、戦中にはご迷惑をお掛けしながら日本には寛大な国王だっただけに、心から感謝し、お旅立ちの恙なきことをお祈りする。しっかしま、その服喪で国が衰退するとなれば、故・プミポン国王のご本意ではあるまいて。アジアに色濃く存在する「服喪」常識と、「国家の経済安定・国民の生活安定」に一石を投じそうな記事である。


・産経ニュース・[タイ国王死去]から、記事を以下。


・「【日系企業4000社、服喪で生産活動停止も 動揺広がる邦人社会】産経ニュース・[タイ国王死去] 2016.10.13 23:14」


・「タイのプミポン国王(88)が13日に死去し、邦人社会にも動揺が広がっている。政情不安を懸念する声のほか、1年間に及ぶ服喪期間に経済活動が停滞しかねないとの観測も広がる。約4000社以上に上る日系企業は対応に追われている」


・「タイには日本の製造業が集積。トヨタ自動車やホンダなどの自動車メーカーが工場を構えるほか、取引先である中小の日系自動車関連企業も多い。一部の企業は経済活動の停止を見越して生産量を増やすなど死去前から対策を取っていた」


・「ある日本人は『今後は政治対立の再燃などで国が混乱に陥る恐れもあり、ビジネスが順調に行えるか見通せない』」


・「タイには東南アジア最多となる6万人超の邦人が住むほか、旅行や出張で訪れる人も多い。日本人向け飲食店が軒を連ね、普段は駐在員や出張者でにぎわう首都バンコク中心部の繁華街『タニヤ』は13日夜、閑散とした。(共同)」・・・


・(解説)企業は「1年間半旗を掲げ、弔意を表する」とするだろうが、肝腎な現地労働者が「どう出るか?」は分らない。「服喪手当・1年分出せ!」というアホも、十分予想される。「海外進出」・・・民族感情が有るため、ヤヤコシイ問題である。

« 騒ぐことでは無い!:チャイナ行方不明50万人/年 | トップページ | やられっ放しは馬鹿の国 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイのプミポン国王、13日に崩御:

« 騒ぐことでは無い!:チャイナ行方不明50万人/年 | トップページ | やられっ放しは馬鹿の国 »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
フォト