« 反対派リーダーを逮捕:沖縄の米軍北部訓練場 | トップページ | ナゴヤ行き荷造りが大変! »

明日・明後日と愛知県がんセンター

2016年10月17日
(明日・明後日と愛知県がんセンター)


・「経過観察2クール目」である。以前にもご紹介したが、消化器内科による「内視鏡による初期胃がん」の剥離手術は「日本発」の技術である。だから少し前までは、「胃がん=開腹して、胃の部分切除か全摘」がアタリマエダだったのが、胃壁(5層で出来ている)の1層目に留まっている胃がんは、「先ずは剥離して精密検査」されることになった。


・私の『4がん5バトル』の内、『2がん2バトル』は胃がんで、何で『2がん』かと言うと、2008年5月の胃がんは〈分化型胃がん(つまりは「大人の胃がん」)〉で、大きさは2×4センチ、剥離傷(人工胃潰瘍)は4×6センチにもなった。後遺症に苦しんだが、半年ほどで回復した。


・昨2015年3月の胃がんは、性質(たち)の悪い〈未分化型胃がん(つまりは元気な思春期がんと言っていい)だった〉から、「同じ胃がん」に括らず『2がん』と表現している。「1.胃壁の1層目に居て、2.2センチ以下、3.潰瘍性が無いこと」が条件だったが、3.で引っ掛かった。3条件をクリアしていない場合は、消化器外科による、「胃がん=開腹して、胃の部分切除か全摘」となる。


・私の場合は胃がんが胃の上部に有ったので、「胃を3/4摘出」となった。しっかしま、2000年10月から、16年間通っている『愛知県がんセンター』である。消化器内科内から内視鏡部に格上げされ、内視鏡部部長になられた田近ドクターと、消化器外科の伊藤ドクター、更に肝臓がんで主治医を担当して下さっている放射線診断部の山浦ドクターまで加わってくださっての「経過観察」となった。


・勿論結論は、当の患者である私の決断である。1クール目=1.血液検査とMRI(主に肝臓)、2.血液検査とCT(主に胃周辺と胸部)、3.胃カメラ検査は何とか逃げおおせた。2クール目の1.は無事通過、明日はその2.である。前回は「がんセンターなのに」1.肝臓の数値(特にγーGTP)が高過ぎる、2.血糖値も高いと注意された。(だから血ィを抜かれる明日のため、本日はビール1本だけ)


・明日は朝風呂を済ませてから1泊2日の荷造り、11時にタクシーに来て貰い、新大阪へ。早得キップは本日買いに出掛けたので、2時からのCTに間に合うよう、12時30分名古屋着の〈のぞみ〉で。MRIと違いCT撮影は楽なのでいい。


・ただ、1.画像処理技術の発達と、2.インハウスオンラインの高速化が出来たのだろう、前回から「一度大阪に戻って、1週間後の外来」ではなくなり、どこかで1泊、翌日外来となった。交通費は浮くが、ホテル代がかかる。明18日夜は幼馴染と小宴会、明後19日は3時半から9時半まで、新卒入社した会社の面々6人の大宴会になってしまった。大丈夫かなぁ?


・そんなことで「明日のブログはお休み」「明後日は深夜帰宅して『何とか大阪へ戻れました』のご挨拶のメールだけ」となります。事情ご斟酌の程、宜しくお願い致します。

« 反対派リーダーを逮捕:沖縄の米軍北部訓練場 | トップページ | ナゴヤ行き荷造りが大変! »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明日・明後日と愛知県がんセンター:

« 反対派リーダーを逮捕:沖縄の米軍北部訓練場 | トップページ | ナゴヤ行き荷造りが大変! »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト