« 蓮舫氏、いまごろ日本国籍「選択宣言」 | トップページ | 『今上陛下生前退位のご意向』異聞 »

比国はチャイナに朝貢か?

2016年10月21日
(比国はチャイナに朝貢か?)


http://www.sankei.com/world/news/161021/wor1610210040-n1.html


・私の浅墓な知識でも、琉球王国がチャイナ王朝に冊封(さくほう)されたのは、1400年ホヤホヤ(15世紀の始め)だから今年で616年、フィリピンなどよりは先である。沖縄県・翁長〔カツラ〕知事は悔しかろうなぁ?


・それにしてもアメリカ、とんだ「頓馬で間抜け」の露呈だ。それは日本とてオンナジ。米比合同軍事演習だの日本からの支援だの、この「土人の国」には屁の突っ張りにもならなかった。安倍ちゃんが先ずやることは、この比国大統領の訪日を断ることだ。


・南シナ海をネタに、また出まかせを言って支援を要請に来るのだろうが、これでハッキリ、「チャイナの属国になることを望んでいる」ことが分かった。やっぱり南シナ海はベトナムと組んで、日米遠征で守るしかないし、自民党も「南シナ海は、日本には関係ない!」と言い切った馬鹿女を、ポスト安倍の候補に並べることすらマイナスイメージだ。


・産経ニュース・[暴言大統領訪中]から、記事を以下。


・「【中国、“朝貢”要求? 『スールー王国』冊封、来年600年で交流行事】産経ニュース・[暴言大統領訪中] 2016.10.21 21:48」


・「中国の習近平国家主席は、20日行われたフィリピンのドゥテルテ大統領との会談で、両国の交流行事として、15世紀のフィリピン諸島に栄えた『スールー王国』の明朝中国への朝貢から600年の記念活動を来年実施する考えを伝えた」


・「中国国営新華社通信は、首脳会談の記事で『朝貢』との表現を避け、『スールー王の初訪中』『600年前の首脳外交』として、両国の長い交流を強調した」


・「中国の威信拡大に熱心だった明の永楽帝は、『鄭和の南海遠征』などを通じ、アジアの小国に朝貢を促した。これに応じて、スールー王国から3人の王が1417年に北京を訪れ、宝玉などを献納して冊封(さくほう)されたと伝えられる」


・「ドゥテルテ大統領は、中国の南シナ海支配を否定したオランダ・ハーグ仲裁裁判所の仲裁の棚上げに事実上応じ、経済援助を中国から取り付けた。中国が、15世紀の朝貢関係をあえてフィリピンに示した真意は説明されていない。(山本秀也)」・・・

« 蓮舫氏、いまごろ日本国籍「選択宣言」 | トップページ | 『今上陛下生前退位のご意向』異聞 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 比国はチャイナに朝貢か?:

« 蓮舫氏、いまごろ日本国籍「選択宣言」 | トップページ | 『今上陛下生前退位のご意向』異聞 »

最近のトラックバック

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ
フォト