« 村上開明堂が開発した『電子ルームミラー』 | トップページ | オートライト義務化に役所の重い腰 »

朝青龍が鶴竜に、「真面目にやれこら!」

2016年09月23日
(朝青龍が鶴竜に、「真面目にやれこら!」)


http://news.livedoor.com/topics/detail/12051863/


・そりゃ、「不良!」だの「無品性!」がのと批判も多かったが、元横綱・朝青龍は強かった。横綱成績は463勝91敗76休:勝率8割3分6厘と、立派なものだった。一方現役横綱:鶴竜は頼りない。在位13場所の成績だが、119勝51敗40休:勝率7割だ。


・井筒部屋伝統の(寺尾は違ったが)「差し身の巧さ」で横綱になったが、その「差し身の巧さ」も研究され尽くせば、「引き技」「叩き技」が出てしまう。そこを我慢して待っていれば、昨日の豪栄道のように一気に逆転で電車道のように押し出されてしまう。観客席の元・朝青龍から、「真面目にやれこら!」と怒鳴られても致し方ない。


・風貌も真面目そうで悪い感情は持てないのだが、勝負の世界である。モンゴル人3横妻のうち、真っ先に引退するのは鶴竜だろう。稀勢の里には「星」が無い。万年大関で終る気がする。


・短命横綱・琴櫻(元気な頃に一度ホテルの高級天婦羅屋で、3人で飲み食いしたことがある。誠実そうな人柄だった)を思い出してしまうが、日本人横綱は、「狂い咲きした豪栄道が今場所・来場所と連覇して、そのまま横綱になる」気がしている。


・ライブドアトピックスから、スポーツ報知の記事を以下。


・「【朝青龍、鶴竜の取組に『真面目にやれこら』】スポーツ報知 2016年9月23日 9時35分」


◆大相撲秋場所12日目 ○豪栄道(押し出し)鶴竜●(22日・両国国技館)

・「【元横綱・朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏(35)が22日、この日行われた豪栄道・鶴竜の取組について、自身のツイッターで鶴竜を『恥ずかしい』と猛烈批判した」


・「鶴竜は組むこともなく、引いたところを豪栄道に一気に押し出され4敗目。豪栄道の全勝を止められなかった。朝青龍は『何だこいつは?引くな!!恥ずかしい。真面目にやれこら!!』と、横綱らしくない相撲にご立腹の様子だった」・・・

« 村上開明堂が開発した『電子ルームミラー』 | トップページ | オートライト義務化に役所の重い腰 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝青龍が鶴竜に、「真面目にやれこら!」:

« 村上開明堂が開発した『電子ルームミラー』 | トップページ | オートライト義務化に役所の重い腰 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト