« アントニオ猪木:ガキの使いにもなってない! | トップページ | ルー・ブロック抜く3025安打:イチロー予定通り »

伊調馨選手に国民栄誉賞:五輪四連覇

2016年09月13日
(伊調馨選手に国民栄誉賞:五輪四連覇)


http://www.sankei.com/politics/news/160913/plt1609130012-n1.html


・流れと言うものがある。4年前のロンドン五輪で、吉田沙保里選手も伊調馨選手も、階級こそ違え共に五輪3連覇の偉業を既に達成していた。いつも脚光を浴びていた吉田沙保里選手が先に国民栄誉賞を受賞し、伊調馨選手は4年間のお預けを食っていたのだ。


・そりゃ、体操の内村航平選手も凄い。ただ「流れ」から言えば、ここは一番、伊調馨選手の国民栄誉賞が自然だろう。2020東京五輪には、この両女傑共に現役は離れ、指導者になっているというのが大方の予想だ。グッドタイミングではあるまいか?内村航平選手は2020東京五輪を現役で引っ張り、そのあと悠々の受賞でいいと思うよ。


・産経ニュースから、「馨ちゃん、遅くなってご免ね、おめでとう!」の記事を以下。


・「【レスリングの伊調馨選手に国民栄誉賞 政府、授与を決定】産経ニュース 2016.9.13 11:40更新」


・「政府は13日の閣議で、リオデジャネイロ五輪のレスリング女子58キロ級で金メダルを獲得し、女子個人種目で五輪史上初の4連覇を達成した伊調馨選手に国民栄誉賞を授与することを決めた」


・「菅義偉官房長官は同日午前の記者会見で、授与の理由について『人一倍の努力と厳しい修練の積み重ねにより、最後まで勝利を諦めずに金メダルを獲得し、オリンピック競技大会史上初の女子個人種目4連覇という世界的な偉業を成し遂げた。多くの国民に深い感動と勇気、社会に明るい希望を与えた』と説明した」


・「伊調選手は青森県出身で、世界選手権でも計10回優勝している。レスリング選手としては、平成24年の吉田沙保里選手に次いで2人目。国民栄誉賞は昭和52年に制定され、『広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があった者』が対象。これまでに22個人1団体に授与されている」・・・

« アントニオ猪木:ガキの使いにもなってない! | トップページ | ルー・ブロック抜く3025安打:イチロー予定通り »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊調馨選手に国民栄誉賞:五輪四連覇:

« アントニオ猪木:ガキの使いにもなってない! | トップページ | ルー・ブロック抜く3025安打:イチロー予定通り »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト