« 石川県の恥!:政活費と生活費混同県議 | トップページ | 安倍ちゃんよ、日本人が見放すぞ! »

医師も含めて病院スタッフが疑われて当然

2016年09月29日
(医師も含めて病院スタッフが疑われて当然)


http://rdsig.yahoo.co.jp/_ylt=A2Ri2ArNyuxXpzgATKUEnf57/RV=2/RE=1475222606/RH=cmRzaWcueWFob28uY28uanA-/RB=cfyIKMMxzY4dldvoY_zIBBojHyM-/RU=aHR0cDovL25ld3MueWFob28uY28uanAvcGlja3VwLzYyMTYwMTIA/RK=0/RS=3v.hrNzioGP5HUmc.Z79XDfDDJs-


・私の読みが違っていたらご免なさい。しっかしま、横浜市の『横浜市医療安全課』なるものが、警察の動きを阻害していたとしか思えない。それとも『横浜市医療安全課』の役人共は、1.エプロン切り裂きや、2.飲み物に異物混入の時点から、警察と連携していたのだろうか?小役人の縄張り根性で、やっていたとは思えないのだが?


・記事から引用すれば、「7月以降、9月20日までに48人が死亡。1日に4~5人が亡くなることもあったが、県警によると、事件が明らかになった23日以降は亡くなる人は目立って減っているという」・・・ってのは、明らかに異常だと思うが、たった80床の病院の4回だけで、1日に4~5人が死んでいたというのに、病院スタッフは何とも思わなかったのだろうか?


・先般の基地外従業員による19人もの障碍者殺人とオンナジで、悪いがこの病院の1.医師、2.看護師、3.看護ヘルパー、4.給食係、5.出入りの清掃要員、6.出入りの業者まで、内部犯行説として全部調べられるわなぁ。


・YAHOOニュースから、朝日新聞デジタル の記事を以下。


・「【横浜の中毒死病院、事件後は死亡者減る 患者全員検査へ】朝日新聞デジタル 9月29日(木)11時2分配信」


・「横浜市神奈川区の大口病院で点滴に異物が混入され、入院患者2人が相次いで中毒死した事件で、神奈川県警は事件が起きた4階に現在も入院している患者十数人について、血液検査を始めた」


・「他の階の患者についても病院が検査を実施する。無差別に患者が狙われていた疑いがあり、体内に界面活性剤の成分が入っていないかなど、入院患者全員の健康状態を調べる」


・「捜査関係者によると、18日に死亡した西川惣蔵(そうぞう)さん(88)と、20日に死亡した八巻(やまき)信雄さん(88)は4階の同じ部屋に入院していた。事件発覚後に4階に残っていた約50個の点滴のうち10個前後に小さな穴が開けられており、消毒液が混入された疑いが出ている。こうした状況から、県警は他にも健康被害がないか確認することにしたという」


・「病院関係者によると、病床数は85で、2~3階にも入院患者がいる。最大で約40人を収容できる4階では7月以降、9月20日までに48人が死亡。1日に4~5人が亡くなることもあったが、県警によると、事件が明らかになった23日以降は亡くなる人は目立って減っているという」・・・

« 石川県の恥!:政活費と生活費混同県議 | トップページ | 安倍ちゃんよ、日本人が見放すぞ! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 医師も含めて病院スタッフが疑われて当然:

« 石川県の恥!:政活費と生活費混同県議 | トップページ | 安倍ちゃんよ、日本人が見放すぞ! »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト