« 星野仙一氏の激ヤセ | トップページ | スポーツの「礼」 »

国産モノレール廃棄に:サウスコリア

2016年08月28日
(国産モノレール廃棄に:サウスコリア)


http://www.sankei.com/west/news/160828/wst1608280005-n1.html


・未だインターネット利用が日本では遅れていて、携帯電話の普及すらままならなかった頃、隣国・サウスコリアが既に「IT大国」だという情報に触れて仰天したことがある。「所詮は歌舞音曲の国だ!」と思い込んでいた私には、正に青天の霹靂の感がした。


・日本がアメリカの白物家電を蚕食したように、今やパソコンモニターやテレビ分野に、サムスンやLG製品がアタリマエダのように日本家庭にも浸透している。元電電公社のNTT・docomoが、サムスンスマホをメイン商品にしているのは余りにも有名だ。


・パソコンはデスクトップ型、本体はHP製、モニターは三菱製に拘っている私は、流石にもう日本でも古代人なのかも知れない。当然携帯は富士通製のガラケーで十分事足りている。


・オートライトオプションを付けず(これは国交省の怠慢。スタンダード化すべきだ!)、真っ暗になっても無灯火で走っている車両も多い大阪は、ウインカーを出すのも一旦停止してからオモムロが多い。私ら他郷人からすれば、全てがドケチ!と思えるが、その大阪でも安いマツダ車は多いが、流石にヒュンダイ・起亜自動車は見たことがない。


・在日の多い都会だが、それでも「日本人からの意地悪」を恐れているのではなく、母国の車への「品質の信用」が薄いのだろう。確かに夜中の人里離れた山越えで、ヒュンダイ・起亜自動車を運転する度胸が在日とて無いのだろう。チンマイ電子製品には長じているのに、メンテナンスが欠かせない大きな駆動車などは、不得意な民族なのか?


・沖縄人の「ナンクルナイサー」と一緒で、コリアンの「ケンチャナヨ」が、「メンテナンスが欠かせない大きな駆動車など」には向いていないのかも?それとも「また日本を強請ればケンチャナヨ!」などと思っているのか?


・産経ニュース・[世界ミニナビ]から、記事を以下。


・「【巨額投じた韓国初のモノレール…トラブル続きで結局はくず鉄に】産経ニュース・[世界ミニナビ] 2016.8.28 15:00更新」


・「韓国初のモノレールとなるはずだった月尾銀河レールの車両が一度も運行されることなく廃棄されることが決まった。試験運転を繰り返していたが、トラブルが相次ぎ、運行の開始断念に追い込まれた」


・「★77億円かけたが・・・月尾銀河レールは、仁川広域市の仁川駅を起点として月尾島を一周する約6・1キロの路線で、アーバノート方式というY字型レールを採用している」


・「2008年7月に着工され、2009年8月の開業を目標に工事が進んだが、『安全上の理由』から開業は延期。事業費約853億ウォン(約77億円)をかけて2010年6月にようやく完工し、試験運転が繰り返された」


・「しかし、試験運転中の列車が停車していたレール点検車両に追突したり、列車がバランスを崩して、軌道上の碍子(がいし)に接触。その衝撃で落下した碍子が歩行者に当たったりする事故などが起きた」


・「また、本来は10日ほどかかる橋脚の工期を1日半に短縮するなど無理なスケジュールの設定や鉄製Y字型ガイドレールをアルミ製ガイドレールに施工を変更したのではないかという問題が発覚するなどトラブルが相次いだ」


・「★展示もままならず・・・結局、月尾銀河レールは正式に運行されることなく、車両10台の撤去が決定。撤去された車両は公園などに展示されることも検討されたが、管理費などの面から廃棄処分とすることになった」


・「車両は鉄製部品はくず鉄として売却し、繊維強化プラスチック素材は廃棄物処理法に基づいて処分される。一方、今ある橋脚やレールなどの路線や4つの駅舎はそのまま維持し、小さな観光用モノレールとして再利用する予定で、2017年春の開業を目指しているという」


・「ちなみに韓国初のモノレールとしては、大邱広域市都市鉄道公社3号線が2015年4月から営業運転を行っている。この3号線の車両製造をはじめ基幹システム一式を請け負ったのは日立製作所を中心とした日立グループの現地法人、日立コリアだ」・・・


・(解説)これでまた、「テメェらの劣等感」から反日感情が盛り上がるんだろなぁ?

« 星野仙一氏の激ヤセ | トップページ | スポーツの「礼」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国産モノレール廃棄に:サウスコリア:

« 星野仙一氏の激ヤセ | トップページ | スポーツの「礼」 »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ
フォト