« ソフトバンクは本当はヤバイんじゃ? | トップページ | 米国内の日米同盟「縮小論」 »

イチロー、3000まであと『4』

2016年07月22日
(イチロー、3000まであと『4』)


http://mainichi.jp/articles/20160722/k00/00e/050/204000c


・イチローが27歳で、その華奢な体ひとつでMLBに渡ってから、早いものでもう15年の星霜が巡った。その間イチローは弛むことなく奢ることも無く、ただ黙々と節制の毎日を送って来たのだ。


・イチローがマリナーズに行ったことは、最大の幸運だった。マリナーズの監督はイチローを活用し(若かった!)、数々の記録を立てさせた。次のヤンキースでは、イチローの苦難の時代だったと言っていいだろう。「あぁ、イチローのMLB生活も、中途半端なまま、ここで終わるんだ」と日本のフアンに思わせる程、イチローは冷遇されていた。


・ところが捨てる神有れば、拾う神もあるものである。今度のマーリンズの監督はイチローを評価し、代打が多いがよく使ってくれている。打撃コーチに、ホームラン王の〔バリー・ボンズ〕が入って来たのも大きいだろう。最近四球が多く、ヒット数に繋がってないので、「3000本安打クラブ入り」は来シーズンか?と思いかけていたら、何と「あと4」にまで迫っているというではないか?


・こうなれば、1972年9月30日、〔ロベルト・クレメンテ〕以来、「44年ぶりの3000安打!」「30人目の3000本安打クラブ入り」を「俺の時代に!」にと燃えるのは、アメリカ人でも日本人でもオンナジ感情だと思うよ。イチロー頑張れ!監督頑張れ!打撃コーチ頑張れ!


・GOOGLEニュースから、毎日新聞の記事を以下。.


・「【大リーグ イチロー2安打 3000安打あと4】毎日新聞 2016年7月22日 11時19分(最終更新 7月22日 11時19分)」


・「米大リーグは21日、各地で行われ、マーリンズのイチローはフィリーズ戦に1番・右翼で4試合ぶりに先発出場、三回に遊撃内野安打、八回は右前打と計2安打し、メジャー通算3000安打まで、あと4とした。チームは9−3で勝った」(解説:スターティングメンバーで出れば、安打の確率も上がる!)


・「ドジャースの前田はナショナルズ戦の九回1死走者なしの場面で代打で出場し、空振り三振だった。守備には就かず、チームは6−3で勝利した」・・・

« ソフトバンクは本当はヤバイんじゃ? | トップページ | 米国内の日米同盟「縮小論」 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イチロー、3000まであと『4』:

« ソフトバンクは本当はヤバイんじゃ? | トップページ | 米国内の日米同盟「縮小論」 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト